荒野の絞首人 (角川文庫 (6089))

制作 : 小泉 喜美子 
  • 角川書店
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042541066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これははっきり云って駄作でしょう。金を出して読むまでの無いミステリだった。

    この物語のキーとなるリン殺害の真相とリップの正体は予想通りで、全体的に地味なトーンで興趣をそそられなかった。
    『ロウフィールド館の惨劇』のように日常の何気ない障害の連続がユーニスの狂気を徐々に発動させたような説得力に全く欠けていた。

    さらに、翻訳のぎこちなさ。小泉喜美子の訳とは思えないほどの直訳文体だった。日本語になっていなくて理解に苦しむ文が多々あり、非常に不愉快だった。

  • 犯人には驚かされた。

全2件中 1 - 2件を表示

ルース・レンデルの作品

ツイートする