階段の家 (角川文庫)

制作 : 山本 俊子 
  • 角川書店
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (469ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042541523

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先が気になるストーリーなのに、なぜか挫折に挫折を重ね、完読するまで10年位かかったという、私の中ではなんだか印象深い作品です。ちょっとした秘密を持つヒロインが、強烈な個性を持つ女に日常を破壊されていくまでを描いているのですがね。人間の悪意って怖い。そして悪意のある恐ろしい女だと解っていながら惹かれてしまい、離れられなくなる不可解な心境。この女と縁を切らないと破滅すると承知しながら唯々諾々と従ってしまう。日本で起きた凶悪事件の加害者であり犠牲者でもある人々って、こんな感覚だったのだろうかと思いました。私だったらさっさと縁を切るのに……と思うけど、同じ立場になったらどうするんだろう。この先に破滅しかないと知りつつ、行動を共にしてしまうのだろうか。物語を通して内省するから、読み終わるまで時間がかかったのかも……?

  • コゼットは優しく良い人間だって主人公は語るけど
    そうとは思わない。禍のもとで、無理なく自分の
    階級と環境と年代で生きていけば、これほど
    周りの人間を不幸にしなかった、と思う。
    考えさせれれた。

全2件中 1 - 2件を表示

バーバラ・ヴァインの作品

ツイートする