殺戮のオデッセイ〈上〉 (角川文庫)

  • 角川書店
3.63
  • (7)
  • (8)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (443ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042549116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <上中下3巻を通してのレビュー>

    ディビット・ウェブまたの名をジェイソン・ボーン。
    彼の能力を必要とするのは分かりますが、何もそこまで追い込まなくても…というのが正直なところです。

    どんな作戦であっても奥様のマリーを人質に取られたら、ディビットは否応なくジェイソン・ボーンとして動かなくてはならない。
    そこまで見通したうえで彼を徴募してまで極秘裏に行わなくては国家の危機となるであろう作戦であることは分かります。
    前作「暗殺者」で心身ともにボロボロになったディビットを今度は中国に送り込み、偽物のジェイソン・ボーンとの対決。誰をも信じることが許されない状況で、かつての仲間であり敵でもあったアレグザンダー・コンクリンが、その明晰な頭脳を駆使してもなかなか真相にたどり着くことは出来ない。すべてを知っているのは特命大使のハビランドとその部下でもあるマカリスターのみ。

    そして、中国の大物政治家であり秘めたる国民党の大物を暗殺する過程で、かつての戦友でもあるフィリップ・ダンジューが自らの命と引き換えに、ディビットを危機から脱出させるシーンは泣けます。

    少し長い物語でもあり、舞台が中国でもあるので慣れないうちは戸惑うかもしれませんが、絶対に読者を飽きさせない名作です。

  • 暗殺者の続編、すごいよぉ〜!!

  • 映画は別物のストーリーになっている。

  • ボーンは記憶を失っててナンボ

全5件中 1 - 5件を表示

ロバート・ラドラムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート・ラドラ...
ジェイムズ・P・...
ロバート・ラドラ...
スティーヴン ハ...
ロバート・ラドラ...
宮部みゆき
ロバート ラドラ...
ロバート・ラドラ...
ロバート ラドラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

殺戮のオデッセイ〈上〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×