最後の暗殺者〈上〉 (角川文庫)

  • 角川書店
3.50
  • (3)
  • (8)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042549178

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スリル‼️

  • <上中下3巻通してのレビュー>

    ボーン・シリーズ3部作の最終作です。

    シリーズ最終作はシンプルに、ジャッカルvsボーンで行ってほしかったのですよ。
    双方ともにもう若くはない…残りの人生を安心して家族と過ごすために、薄れるボーンとしての直感と衰えを感じる体力に時にはイライラしながらも家族・友人を守るため闘うしかない。
    それだけでよかったじゃないか!

    昔の"メドゥーサ"の一部の人間がその当時に横領した資金や何やらを元に出世し、
    "新メドゥーサ"として善人ヅラしているのは面白くありませんが、今になってなぜ、トレッドストーン・ファイルなんぞを開封したのか…

    それが話をややこしくもしている一方で、話しの奥行を深くしている点は否めません。しかし最後は、ジャッカルvsボーンであり、ボーンが勝ちを収め、かつボーンはディビットとしての自分に戻らなくてはいけない。愛する家族のために…

    結末として納得がいったからいいようなものの、これは本来のロバート・ラドラム氏の作品とは大きく異なるものだと思いました。
    ボーン・シリーズは、シリーズを追うたびに質が落ちていくような気がします。

  • ついに最終章!

  • (2006年2月)。

全5件中 1 - 5件を表示

ロバート・ラドラムの作品

ツイートする
×