デッド・オア・ヴァンパイア (Novel 0)

  • KADOKAWA
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042560227

作品紹介・あらすじ

吸血鬼が闇に紛れて跋扈する現代、東京。
ある日、私立清蘭女子高等学校で奇妙な集団溺死事件が発生する。
吸血鬼の犯行と断定した警察は、あるヴァンパイアハンターに捜査協力を依頼する。
その男は、人間と吸血鬼の混血“ダンピール”の息子を持つ、高野麻績だった。
彼は事件を追う、息子のために、そしてかつて想いを向けてきたあるヴァンパイアを探すために。
謎と思惑、そして親子の絆が交錯する――ヴァンパイアミステリー&アクション、開宴。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ダンピールは、いつか必ず吸血鬼になる。
    明日なのか、十年後なのか…。

    アピールする事によって安全は確保できるでしょうが
    区別というより、差別になってしまうような。
    徐々に思いやりの感情がなくなっていくというなら
    最初の事件のように、復讐されそうですが。

    主人公の相棒にさせられた女の子は、確かに甘い。
    これでよくこの職業に就こうと思ったな、というほど
    善良な思考回路をしています。
    祖母の育て方がよかったのでしょうが、これはちょっと
    生きにくいというかなんというか…。
    主人公もそうですけど。
    案外小心者で、愛情深いです。

    そんな彼らがせっせと仕事しているわけですが
    最大の謎としては、一体どうやって戻ったのか。
    巻き戻っている、という事なのかどうなのか。
    保護者のように居る存在も、気になりますけど。

全1件中 1 - 1件を表示

スズキ・ヒサシの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×