東京屍街戦線〈トーキョー・デッドライン〉 (Novel 0)

著者 :
  • KADOKAWA
2.83
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042560241

作品紹介・あらすじ

秘密裏に進められていた不死化の研究の失敗で“死の行進”と呼ばれる災厄が起き、死者の街と化した東京・渋谷。封鎖された渋谷から、災いが世界にばらまかれ街を死者が歩き、意思を持つ死者――“屍人”が暗躍する。“屍人”犯罪を抑止、解決するために設立された警視庁刑事部埋葬係の埋葬官・切牙鷹はかつて“死の行進”に巻き込まれた恋人を探すため、襲い来る“屍人”たちを薙ぎ払い、命を燃やして戦い続ける。
そして、いつか、死者と化した君を、撃つ――――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 屍人が発生した渋谷を皮切りに、世界中にそれが表れた。
    知識ある屍人と、ない屍人と。

    人の姿をしている時点で殺しにくいですが
    そうもいっていられない状態。
    それがまた、会話ができてきちんとした状態であれば
    さらに戸惑いが表れる気がします。
    それをせっせと処分していく主人公ですが
    また面倒そうな過去を背負ってます。
    と思ったら、それ以上が後半の方で現れましたけど。

    刑事らしくコンビ、と思っていたら、それ以上に
    コンビでないとダメな理由が出てきて納得、でした。
    これはこれで、また覚悟が必要そうなコンビ、ですが。
    自分で決定を下した未来ですが、その時になったら
    本当に銃を使えるのか否か。
    そもそも、タイムリミットは後どれくらい、でしょうか。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

シナリオライター、小説家。人気PCゲーム「ef」シリーズのシナリオ、ノベライズを担当。「剣神の継承者」、「僕のカノジョ先生」(ともにMF文庫J)、「アスガルド武皇戦記」「最強パーティは残念ラブコメで全滅する!?」(ともにファンタジア文庫)などを刊行。

「2020年 『妹のほうがお姉ちゃんより可愛いですよ、先輩?2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鏡遊の作品

東京屍街戦線〈トーキョー・デッドライン〉 (Novel 0)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×