アカシックリコード (Novel 0)

著者 :
制作 : 中原  ずじ 
  • KADOKAWA
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042560388

作品紹介・あらすじ

「ようこそ、人類の生み出した全ての叡智が管理される場所――アカシックレコード“悪魔の書架”へ」

本好きの高校生・片倉彰文は、大切な何かが記憶から失われているのではないか、という感覚に襲われる。そんなある日、少年は突如、友人の甲斐浩太郎と共に小説投稿サイト「悪魔の書架」の中へと召喚された。現在、“悪魔の書架”が管理する物語の一部が“紙魚”と呼ばれる存在に蝕まれ、世界記憶からも失われようとしているらしい。

全ての物語を救うため、記憶ごと失われてしまった“大切な存在”を取り戻すため――悪魔と契約し、“想像”を“創造”にする能力を手にする。

巨匠・水野良が贈る――新時代を切り開く、ビブリオン・現代ファンタジー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の書いた小説の世界を、戦って護る、という設定に手に取った。スマホゲームの原作故か、展開は分かりやすくファンタジック。そこに凝った世界観が重なるが、少し理解に難しい部分もあり、平易さと難解さがアンバランスに組み合わさったかも。

  • 物語の存在を失わないために、本の世界に入って元凶(シミ)と戦う。

    恐らく第一巻として、色んなところに伏線が張られているのだろう。
    そのために、描いて欲しかった彰文と千尋の繋がりが、薄くなっているような印象を受けた。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1988年刊行の「ロードス島戦記」(スニーカー文庫)でデビュー。以降、「魔法剣士リウイ」シリーズ(ファンタジア文庫)、「クリスタニア」シリーズ(電撃文庫)などで、ファンタジー小説の旗手として活躍する。

「2018年 『グランクレスト戦記DO 英雄の系譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アカシックリコード (Novel 0)のその他の作品

水野良の作品

ツイートする