ディファレンス・エンジン〈上〉 (角川文庫)

  • 角川書店
3.07
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 66
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042659013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あまりギブスンぽくないと思ったら、作品のアイディア自体はスターリングのモノだということ。納得して読み進めるも、いまいち波に乗れず(ストーリィが上手く掴めず)上巻の終盤を迎える。フレイザーが出てきた辺りからようやく面白くなり、楽しむことが出来た。オリファント邸に居た日本人5人は「長州ファイブ」を思い起こした。さあ下巻へ。

  • 冒頭は少し期待したけど古いせいか頭に入らない

  • 蒸気機関が発達し、チャールズ・バベッジの差分機関(ディファレンス・エンジン)が完成した一八五五年のロンドンが舞台。これまでディファレンス・エンジンの登場するSFはよく見てきたが、ようやく古典というべき本書を読めた。
    ひとつのIFからそれを波及させ、異なった世界全体を描くのはSFの面白さの最たるものの一つだけど、本作はその意味では高い完成度。詩人バイロンがロンドンのトップにいて、バベッジの弟子エイダはエンジンの女王とまで言われている。人々の情報はカードに納められ、差分機関で検索する場面はレトロだけど新しい。
    しかし上巻、読み終わってから内容思いだそうと思ってもすでに思い出せない。物語の起伏は下巻で。

全3件中 1 - 3件を表示

ウィリアムギブスンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレッグ イーガ...
ジョージ・オーウ...
グレッグ・イーガ...
ジェイムズ・P・...
グレッグ イーガ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×