天と地〈ベトナム篇 上〉 (角川文庫)

制作 : Le Ly Hayslip  渡辺 昭子 
  • 角川書店
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042663010

作品紹介・あらすじ

抗仏戦争が終結し、祖国と家族が2つに引き裂かれた-。著者であり主人公であるレ・リは、抗仏戦争のさなか、中部ベトナムの農村キ・ラに生れた。1954年のベトナム分断は、南北の国境に近いキ・ラの農民の生活を直撃した。2人の兄と数えきれないほどの親族の死。死刑宣告を受け、ベトコンに強姦されるレ・リ。ベトナム人が初めて本格的に自分の目で見たベトナム戦争を描いた凄絶なノンフィクション巨篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いいね

  • ベトナム戦争を生き抜いてきた少女の回想録。ベトナム編上下、アメリカ編上下と4冊あるうちの1冊目を読み終わった。戦争は悲惨で、二度と起きてはいけないと、総論では誰でもそう言うが、政治家・軍人のみなさんは高度な政治判断とかなんとか言って、理屈をこねて戦争を起こすのである。宗教もそうである。総論ではみなが幸せになるために宗教であることは、どの宗教でも一致しているのであるが、宗教戦争が始まってしまう。ベトナムでももともとの仏教徒が定着している中に、アメリカからキリスト教が入ってくる。ここでもめるのであるが、汚いやり方で弾圧してくるのはキリスト教のようだ。これに逆らう形で仏教徒が反発する。問題を起こすのは、アングロサクソンの場合がほとんどである。彼らはいつも恐れており、人を信用することをしない。アメリカインディアンの殺戮をし、ハワイ原住民も殺し、自分たちの世界に塗り替える。そしてアングロサクソンの考え方こそが正しいのだと世界を支配しようとする。これに立ち向かったのが昔は日本、そして今はイスラム社会かもしれない。そんなことを思い起こしてしまう話の展開、というか実際にあった話。話はベトナム編の下巻に展開される。

全2件中 1 - 2件を表示

レ・リヘイスリップの作品

ツイートする