アマンダ (角川文庫)

制作 : Andrew Klavan  羽田 詩津子 
  • 角川書店
3.40
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042668039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  謎の組織に追われる親子とそれに巻き込まれたサックス奏者の闘いの話。ちょっとキングの「ファイヤースターター」っぽいけど、チャプタータイトルにジャズの曲名を使っていたりするせいか、「ファイヤースターター」のようなやるけなさはない。悪役の人物設定と、ラストがすごくいい。前作の「ベラム館の悪霊」がわりとゆったりしたテンポだったのに対して、スピード感があり、クラヴァンっぽい(?)感じかした。

  • 良くできた作品ではある。
    作者との相性だろうか。
    感情移入がなかなかできない。
    文章の奥底の明るさがどうしても気になる。

  • 妻を失った痛手から立ち直れないサックス奏者が、謎の組織に追われる母子と関わったために大きな事件へと巻き込まれていく。
    スリルとスピード感に溢れた逃亡劇。

全3件中 1 - 3件を表示

アマンダ (角川文庫)のその他の作品

Hunting Down Amandaの詳細を見る ペーパーバック Hunting Down Amanda アンドリュー・クラヴァン
Hunting down Amanda ハードカバー Hunting down Amanda アンドリュー・クラヴァン
Hunting Down Amanda ハードカバー Hunting Down Amanda アンドリュー・クラヴァン

アンドリュー・クラヴァンの作品

ツイートする