アメリカン・サイコ〈上〉 (角川文庫)

  • 角川書店
3.71
  • (13)
  • (10)
  • (15)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 193
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042673019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 端役みたいな人も含め、あらゆる人物の登場に際して執拗に繰り返されるブランドの羅列が、どうしてもかったるく感じてしまう(途中から読み飛ばすことにしたけど)。でもそれ自体が、サイコな雰囲気を盛り上げるのに一役買っているという見方も出来るのかも。とりあえず前半終了したけど、今のところ、そこまで猟奇的な事件は起こっていなくて、不謹慎だけどやや肩透かし。後半戦、いかなるサイコキラー振りを発揮するのか、期待半分、不安半分。

  • 個人や異常な殺人さえも飲み込んでしまう圧倒的なほどの<過剰>と<反復>が浮かび上がらせる空虚さと凡庸さ。発表から20年以上を経てレストランやブランドや商品の名前がほとんど記号以上のなにものでもなくなっても、効力を失わない強靭な形式。読むのがしんどいシーンも多かったが、すばらしかった。ソローキンの『ロマン』を想起する。

  •  高度消費社会が頂点となった80年代のニューヨーク。ウォール・ストリートのエリートビジネスマン・パトリック・ベイトマンが狂ったように猟奇殺人を繰り返す物語。
     エリート仲間たちとファッション競争に興じるベイトマンの日常は固有名詞の連続だ。どのページを開いてもカルヴァン・クライン、プレモンヴィル、クリスチャ・ラクロワ、ジェフリー・ビーン、『GQ』、アパルトヘイト、シドニー・ラリッツィ・・・スーツ、名刺、ハンカチ、デンタルフロス、政治情勢、時事問題、音楽、スポーツ。すべての描写が記号の羅列で表現されていて、読んでいてアンディ・ウォーホールのトマト缶のリトグラフを思い出す。
     アパルトヘイトやユーゴ内戦のような深刻な話題と最新流行のレストラン、そしてスマートな名刺のデザイン。彼らヤング・エグゼクティブの会話ではすべてが同列に扱われれていて、彼らの奥行きのない表層的な世界を記号が飛びかっては消えていく。

     最終的に猟奇殺人すらもファッションにしてしまうベイトマンの描き方は素晴らしかった。表層的な世界ではすべてが同列であり、アルマーニのスーツやミュージカル『レ・ミゼラブル』や中東和平や猟奇殺人は同列に語られる出来事なのだ。
     人を細切れにした後にレストランに戻り、トレンドな話題に興じ、また人を細切れにし、またトレンドな話題に……
     物語上のドラマの徹底的な抑止と細部の緻密な描写は強烈な資本主義的ナルシシズムを持つ空虚な男ベイトマンを大量消費社会のアンチ・ヒーローに仕立てあげる。
     これは1991年の作品だが、湾岸戦争を経てたまりにたまったフラストレーションを内包した〈病んだアメリカ〉がその暗い情動を爆発させる瞬間を描いているのだと感じた。

  • 殺人シーンのグロ描写がきつすぎて、エリスのヤッピー文化批判が趣旨なのか、単なるスプラッターホラー好きななのか、もう最後はわからん。とにかく大変な小説で、昨日から体調が悪いのはこの本を読んだからに違いない。

  • 一般的な位置づけが「ホラー」なのかどうかはさておき。
    上巻だけは読了。
    怖くて、続きが読めない…。

  • 外国のハイソな人たちはこんなことになっているのか!!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。現代アメリカを代表する作家の一人。邦訳に、『レス・ザン・ゼロ』(早川epi文庫)、『アメリカン・サイコ』(角川文庫)、『ルールズ・オブ・アトラクション』(ヴィレッジブックス)がある。

「2014年 『帝国のベッドルーム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブレット・イーストン・エリスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ エル...
ウィリアム・ゴー...
ジェイムズ エル...
宮部みゆき
ポール・オースタ...
ポール・オースタ...
三島由紀夫
ドストエフスキー
トム・ロブ スミ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アメリカン・サイコ〈上〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×