Xーファイル 旋風(つむじかぜ) (角川文庫 赤 カ 5-2)

  • KADOKAWA
2.96
  • (2)
  • (4)
  • (11)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 61
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042678021

作品紹介・あらすじ

砂漠に囲まれた灼熱のニューメキシコ。このインディアン居住区付近で、牛と人間の無惨な変死体が発見された。死体はいずれもサンドペーパーで"擦られた"ように、体全体の皮膚ごと肉が削ぎ取られていた。ただ一人助かった少女の証言は「ささやき声や笑い声が聞こえた」。科学では解明不能の事件簿=X‐ファイルを担当するFBIの特別捜査官モルダーは、報告を受けると早速、論理的思考の才女・スカリーと共に現地へ赴くが…。世界60ケ国以上で放映され、超話題のドラマ「X‐ファイル」のオリジナル小説、第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スカリー捜査官のスリルが伝わってくる。それはXファイルという、地球外から地球にやってきてしでかした事件を追っているものだからなのだ。

  • 家畜や人間までが生皮を剥がされた惨殺体として発見される事件が、ニューメキシコ州で発生。スキナー局長補佐からの職務命令で現地へ文字どおり飛んだモルダーとスカリー。インディアン保留地(原文ママ)で継承された「超能力」を悪用する者の犯行だったのだが、司祭らが「力」を悪用する可能性をモルダーが示唆する場面で終わる、Xファイルらしい結末。ただ、TVドラマと違って、その「力」そのものにリアリティを感じないのは日本人である所以か? 超常現象の真実を政府に握り潰される恐怖の方が大きいな。奥付は平成7(1995)年

  • やっぱりこれは映像で見るから面白いのかな?あの音楽と一緒に。活字だとTVのような演出がなくてちょと寂しい。

  • 傑作SFサスペンスドラマのスピンオフ小説第二弾はインディアンの中でも閉鎖的な部族中で存在する精神エネルギーを使った殺人事件をモルダーとスカリーのコンビが解明する。この小説シリーズは、ドラマの脚本の中で映像化しにくい、あるいは文章で読ませる方がより効果的なエピソードをチョイスしているようでだ。読む事でイマジネーションを喚起してメインキャラクターを思いのままに描いたシーンを脳内再生するのはノベライズやスピンオフ小説の正しい楽しみ方。監督になって演出して、観客となっておもいっきり不思議でスリリングな世界に浸ろう

全4件中 1 - 4件を表示

クリス・カーターの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×