ビースト (角川ホラー文庫)

制作 : Peter Benchley  風見 潤  西田 佳子 
  • 角川書店
3.40
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042682028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やはり『ジョーズ』が最高傑作なのか。『海棲獣』もイマイチだったし。『飲んだくれ』だけは未読だが。

    過去ログ。

  • 常夏のバミューダ近海で原因不明の海難事故が相次ぐ。貧しい中年の漁師ダーリンはある日、深海にしかけておいたトラップをつなぐ頑丈なステンレスワイヤーが、何かによって“噛み切られている”のを発見する。さらには仲間の漁船が遭難し、アンモニア臭漂う現場には無残な人間の死骸が残っていた。深海で人知れず生存していたそれは、環境の激変によって獲物が激変したことで、海面近くにまで現れたのだった。

    この著者、実は海洋パニック映画の金字塔「ジョーズ」の原作が処女長編。従ってこの作品も「ジョ-ズ」と似たような展開を取る。この「ビースト」の正体、巻末の解説でも触れているのでバラしてしまうと、アルキテゥティスと呼ばれる全長30mの巨大イカ。イカ刺にしたら何人分だろうw

    個人的に海洋テーマ、特に海の怪物ホラーは大好きなのだが、今回は読んでいても何となくのめり込んでいけなかった。クライマックスのダーリン一行とビーストとの対決も呆気ない決着を迎えるし。やっぱり「イカ」だからか……?

全2件中 1 - 2件を表示

ビースト (角川ホラー文庫)のその他の作品

ビースト 単行本 ビースト ピーター・ベンチリー

ピーター・ベンチリーの作品

ビースト (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする