光の旅人 (角川文庫)

  • 角川書店
3.40
  • (2)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042685029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 随分前になるがこれを原作にした映画を見た。
    「かっこうの巣の上で」という感動的な映画があったことを、この「光の旅人」という映画をみて想い出した、舞台が精神病院だったからかもしれないし、一人の患者がみんなを癒していくというストーリーが似ていたからかもしれない。
    主演のケビン・スペイシーとジェフ・ブリッジスもよかった。

    本屋さんで見かけて早速読んでみた。映画はもう殆ど、細かいところまで忘れていたが、本を読んで、改めて自分の日常や精神状態を振り帰り、すがすがしい読後感を持った。


    マッハッタンで一人の男が収容されて、パウエル医師のいる精神病院に回されてきた。
    彼は琴座にあるK-PAXとい惑星から来たという。さまざまな身体的な検査にはまったく異常がなかったが、ただ可視光線感知に異常な能力があり正常な人間を越えた視力が認められた。眩しいのか常にサングラスをかけている。
    彼とのセッションで、パウエル医師は様々なことを知ることになる。
    自分をプルートと名乗る男はK-PAXの生活を細かく話すことが出来、K-PAXから見た宇宙銀河系の地図を描いて見せた。それは友人の宇宙学者も驚くほど正確なものだった。

    パウエルは彼が宇宙から来たということははなから信じられない、病名をつければサヴァン症候群だろうか、ついには多重人格ではないだろうかと疑う。人柄を知って親しみを感じるようにもなるが、彼が語る星の生活を聞くと、自分のこれまでや父親の影響で精神科の医師になったいきさつなども振り返るようになる。

    プルートの周りには患者が集まりだす。恐怖感にとらわれていた患者が、今まで避けていたことに興味を示したり、硬い表情が和らいでいく患者もいる。彼は何か癒しの力があるのだろうか。

    8月17日には星に帰るというプルートの周りを、連れて行って欲しいという患者が取り巻くようになった。

    パウエル医師は、彼が帰るというその期日までのセッションで正体を解明できるだろうか。

    8月17日、プルートは人類に関する報告書を書き上げて消えた。
    医師はプルートの過去と不思議な現在の出来事に立ち会うことになる。

    <font color="orange">「ときには、真実は辛いものだからね。ときおり、わたしたちには、もっとよい真実を信じる必要があるんです」
    「真実よりさらにいい真実があるってどういうことさ?」
    「もっとよい形態の真実があるかもしれないってことですね」
    「たったひとつの真実しかない。真実はぜったい的なものだ、それから逃れることはできない、どんなに遠くまで走ってもね」と彼は言ったが、それはどちらかといえば、私には彼の願望のように聞こえた。
    「他の局面もありますよ」
    私は異論を述べた。「私たちの信仰は、不完全で矛盾した経験にもとづいています。ですから、そうした問題を解決する手助けを必要としているんですよたぶん、あなたは私たちの力になれるかもしれませんね」</font>


    作者は科学の研究、特に細胞分裂の研究に携わった人だそうで、その知識が生んだこの作品は、ストーリーの意外さに違和感がなく、プロートの異星人だという目から見た人間というものにも興味が引かれる。
    暖かい読後感に包まれてすぐに読み終わった。
    映画もよく作られていたことを感じた.

  • 信じてしまいたくなる、プロートの話す世界観。最後まで答えはくれないんだけど、そこがまたいい。

  • 自分はK-PAX星人だと主張する男がいた。
    心温まる話。

全4件中 1 - 4件を表示

ジーン・ブルーワーの作品

ツイートする
×