青春とは、心の若さである。 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.57
  • (10)
  • (22)
  • (32)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 235
感想 : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042695011

作品紹介・あらすじ

年を重ねただけでは人は老いない。人は理想を失うとき初めて老いる。温かな愛に満ち、生を讃える詩の数々。困難な時代の指針を求めるすべての人へ贈る、珠玉の詩集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【生き方】青春とは、心の若さである / サムエル・ウルマン / 20200701 / (13/807)/ <143/125202> <R>
    ◆きっかけ
    ・先日の職場読書会「心」・稲盛氏が関連したいたと記憶するがうろ覚え。もともと、青春は父が好きな詩。

    ◆感想
    ・「青春」は考えさせられる。今、青春の真っ只中か、と問われたらきっと、NOだろうな。。。ちょっと喝を入れられた気がする。
    ・「なぜ涙を?」死の間際、こんな潔いさが欲しい。

    ◆引用
    ・青春
    青春とは人生の或る期間を言うのではなく、 心のもち方を言う。 薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな手足ではなく、 たくましい意志、豊かな想像力、燃える情熱をさす。 青春とは人生の深い泉の清新さを言う。

    青春とは臆病さを退ける勇気、 安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。 ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。 年を重ねただけで人は老いない。 理想を失う時に初めて老いる。 歳月は皮膚にしわを増すが、 熱情は、失えば心はしぼむ。 苦悶や・恐怖・失望により気力は地に這い精神は芥にある。

    60歳であろうと16歳であろうと人の胸には、 脅威に魅かれる心、おさな児のような未知への探究心、 人生への興味の歓喜がある。 君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。 人から神から美・希望・喜び・勇気・力の 霊感を受ける限り君は若い。

    霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ、 悲嘆の氷に閉ざされるとき、 20歳であろうと人は老いる。 頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、 80歳であろうと人は青春にして已む。


    ・死
    私は名声の出入りを分かつ鍵
    私はうくくまっている恥を覆い隠すマント
    私はすべての競争に決着をつける終点
    私は人生の嵐にもてあそばれた例の安住の場
    たしかですばやい救済の使者
    嘆きと涙と言葉にならなない悲痛を共にして
    私のほか友のいない人たちの友
    私はすべての鎖を断ち切り
    すべての捕らわれの人を開放する
    私は君の生涯をとむらう雲
    君の仕事に一瞬にかけるベール
    私は戦のあとにたれこめた静寂
    人々が人生と呼んでいる夢からの目覚め

    ・どうってことはない
    頭が白くても どうってことはない
    心と考えが若ければ
    心の中に灯があれば
    くちびるに歌があれば

    ・なぜ涙を?
    私が船出するとき
    嘆きの涙は欲しくない
    永遠の国へ急がせる
    嗚咽も溜息も欲しくない

    私の行く道を悲しくする
    喪章や打ち沈んだ衣服を身につけないで欲しい
    そのかわり白く輝かしくよそおって
    古いな習わしを忘れて欲しい

    私が去り行くとき
    挽歌は歌ってほしくない
    うるわしき良き日の為に
    愛の手で高き調べをかなでて欲しい

    私の為に このような言葉は言ってほしくない
    私の生命の灯は消え去っていたと
    ただこう言ってほしい
    彼は今日旅に出て旅を続けているのだと

    分かれの涙があふれたら
    そっとその日をそのままにしておいて欲しい
    私を惜しむことなく、共に過ごした日々を喜んで欲しい
    そして、こう言ってほしい、満ち潮だ。よい船旅を。

  • 計画か運命か

    人生とは信条を超えるもの
    塵をも 身をこがす欲をも 超えるもの
    求めて得られず、霧と消え 塵と散る
    希望は夢のみにあり

    苦しみのとき すくむなかれ
    日ふたたびと待つなかれ
    進め たとえ空しく終わろうとも
    よろいを着け 争いを止めよ

    われを導くは運命にあらず
    成るまで止むことなき
    大いなる設計図ありて
    唯一の神を示し賜えり

  • 青春の詩は、私のお気に入りの一つ。

  • ポエム

  • サムエルウルマン 「 青春とは心の若さである 」いい詩だった

    「青春」
    青春とは 人生のある期間でなく 心の持ち方を言う
    バラのような顔立ち、紅い唇、しなやかな手足ではなく
    たくましい意志、ゆたかな想像力、燃える情熱をさす〜

    青春とは 臆病さを退ける勇気、安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する〜
    年を重ねただけで人は老いない。理想を失うとき初めて老いるのである〜

    頭(こうべ)を高く上げ希望の波をとらえる限り 80歳だろうと人は青春のままと言える

    「人生行路の賜物」
    私はいばらのない道を求めない。悲しみが消えようとも求めない〜
    涙の水がなければ〜希望のつぼみは花開かない
    人生のどんなところでも 気をつけて 耕せば 豊かな収穫をもとらすものが 手の届く範囲に たくさんある

    「なぜ涙を」
    私が船出をするとき嘆きの涙は欲しくない〜
    私を惜しむことなく 共に過ごした日々を喜んでほしい
    そしてこう言って欲しい〜よい船出を

  • 久しぶりの詩集は、今の職場に来たときに紹介してもらった一冊でした。人生を前向きに生きたであろう著者が、家族に送ったような優しい詩がたくさんありました。サクッと読めて、リラックスできる感じ。いいですね。新しいものに触れて心を躍らせ続けるような日々を積み重ねていけるといいと思いました。

  • この本の良さを味わうには経験が足りないようだ。

  • death
    a dream
    the speed demon
    justice
    goals
    a vision and a hope
    a tried remedy
    duty
    Whats you hurry?

  •  本については雑食性の私ですが、詩集を読むことはまずありませんでした。典型的「食わず嫌い」です。
     今回手に取ったのは、あの有名な「青春」も採録されているサムエル・ウルマンの詩集です。松下幸之助氏らも心酔したという詩「青春」ですが、なんと、恥ずかしいことに、意識して全文を読んだのはこれが初めてでした。ウルマン氏78歳のときの作品とのことですが、78歳にしてこそ語れるものともいえますね。
     とはいえ、「詩集」というのは、やはりどうも苦手です。決定的に「想像力」と文学的素養が欠如しているので、直截的な表現のものしかピンとこないというのが正直なところ。もっと鍛錬が必要です。

  • かの松下幸之助氏もよく引用していたという、19世紀のユダヤ系詩人の作品集。
    超直球なタイトルまんまの本です。


    年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。
    歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。
    苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

    (中略)

    人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
    人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
    希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる


    「人生のなかで、何かを始めるのに遅すぎるという事は無い。なぜなら今の自分は、これからの人生の中で一番若いからである。」
    友達から教わった言葉とあわせて、アラサーと呼ばれる世代になったわたしに援護射撃。
    よく人は若者を見て「いろいろできて良いなー」と思うけれど、その世代にはその世代の成すべきこと・情熱があるんでしょうね

全22件中 1 - 10件を表示

サムエル・ウルマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
湊 かなえ
ジェームス W....
ヘミングウェイ
トルーマン カポ...
松下 幸之助
フランツ・カフカ
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

青春とは、心の若さである。 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×