夜の子供たち〈上〉 (角川文庫)

制作 : Dan Simmons  布施 由紀子 
  • 角川書店 (1995年5月発売)
3.35
  • (4)
  • (4)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042711025

夜の子供たち〈上〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 坊やかわいい。

  • 蔵書。年末年始に再読。ホラーと謳っているが、SFアドベンチャー。ダン・シモンズは、これしか読んだことがない…

  • 吸血鬼小説の最高峰といいたい。

  • 感想は下巻に。

  • 2011/2/26購入
    2011/10/17読了

  • 友人から昔借りた本。吸血鬼という手垢が付いた古典的モチーフと、最先端の医学と化学の融合の仕方が非常に斬新で面白かった。また読みたい。

  • なんかこれは、話というより、サマー・オブ・ナイトのマイク・オルーク目当てで読んだ。結局のところ、マイクがすきなのだ。バイク・パトロールの面々が登場する話は他にもあるので読みたい。上下巻。

  • 吸血鬼の末裔をめぐる話。

  • アメリカの女医ケイトは、ルーマニアから引き取った養子からエイズ・ワクチンへの可能性を見出します。養子の一族をさがすと、彼らは…!という展開。でもホントは「サマー・オブ・ナイト」のマイク少年が中年なマイク神父でケイトといい中になっちゃうのが、ショックでした。神父さまが何をやってるんですか(笑)

全11件中 1 - 10件を表示

ダン・シモンズの作品

夜の子供たち〈上〉 (角川文庫)に関連する談話室の質問

夜の子供たち〈上〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする