夜の子供たち〈下〉 (角川文庫)

制作 : Dan Simmons  布施 由紀子 
  • 角川書店 (1995年5月発売)
3.24
  • (1)
  • (5)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • 62人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042711032

夜の子供たち〈下〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後は白馬に乗った王女様が王子様を助けに来てハッピーエンド。
    自分の好みが変わったのか、記憶していたほど面白くなかった。ブックオフ行きの危機。

  • やっぱりCDCが出てこないと話が進まないこの手のミステリ。アッサリ物事が進んでハッピーエンド。暇つぶしにはなったし、ルーマニアの歴史に俄然興味が出た。そして神父を落とした主人公の女医に拍手したい。

  • チャウシェスク政権崩壊直後のルーマニア。アメリカの視察調査団は劣悪な環境でB型肝炎やエイズが蔓延する孤児院の実態を目の当たりにする。調査報告により派遣されたアメリカCDC(防疫センター)の女医ケイトは孤児たちの治療に尽力するうち、トランシルヴァニアで拾われた一人の男児と出会う。その孤児は何度も瀕死の状態になりながら、その都度輸血によって驚くべき回復を見せる。孤児をジョシュアと名付け養子に迎えたケイトは母国に連れ帰る。最新医療により、ジョシュアの遺伝子にはエイズや癌の画期的治療法の鍵になることがわかった。しかし、ジョシュアは「闇の一族」に取っても特別な存在だった。ケイトとジョシュアに魔の手が伸びる……。

    ルーマニア、トランシルヴァニアと言えば無論「ドラキュラ一族」である。つまり吸血鬼テーマの物語なのだが、このテーマの作品に多い「吸血鬼による人間社会への侵略」の恐怖はそれほど描かれていない。あんまり派手な暴れ方もしてないし、どちらかと言えばひっそり生き延びているような感あり。最新医療的?見地から「吸血鬼」のメカニズムについて解釈を試みている(ように読めたんだけど)のは、なかなか楽しめる。

    ドラキュラ伝説の“真相”を語るヴラド・ドラキュラ“本人”の回想が挿話として書かれているが、そこからルーマニアという国の複雑な歴史や事情が垣間見える。

  • 2011/2/26購入
    2011/10/30読了

  • 吸血鬼の末裔をめぐる話。

  • 吸血鬼ものです。

全8件中 1 - 8件を表示

ダン・シモンズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

夜の子供たち〈下〉 (角川文庫)に関連する談話室の質問

夜の子供たち〈下〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする