エイリアン3 (角川文庫)

  • 角川書店
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 23
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042724049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ノヴェライズ職人。アラン・ディーン・フォスター。映画3作目は、かなり陰気なイメージ。リプリーがねぇ。。。

  • 1992年公開の『エイリアン3』のノベライゼーション3作目。SFモダンホラー、SF戦争映画と趣向を凝らしヒットした経緯から制作会社のワーナーブラザースは本作からシリーズ化を前提に製作することを決定、3、4作までの脚本を脚本家に依頼するも会社側と作家の間でストーリーがまとまらず、撮影が始まってからも二転三転する脚本に監督のウオルター・ヒルのモチベーションは低下するばかりか、ラストで主人公のリプリーが死亡することで、それまでの登場人物は皆死んでしまうというストーリーに、主演のシガニー・ウィーバーも異議を唱え出し、降板を言い出す始末で製作現場は荒れに荒れた。結局、シガニー・ウイーバーは以後のシリーズ製作権を取得することで出演を継続する事となるが完成した作品はそれまでの最高額の製作費を投入されるも、各方面から散々な評価を受ける結果となった。本書は脚本の最終稿を元にノベライズされているが前記の理由からなかなかまとめ上げることが困難だったのか?筆者のフォスターらしからぬ盛り上がりに欠くストーリー展開は映画同様という「負のスパイラル」に巻き込まれてしまった可哀そうな作品。

  • 99mmdd以前読了

全4件中 1 - 4件を表示

アラン・ディーンフォスターの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×