電脳惑星〈1〉ロボット・シティを捜せ! (角川文庫)

  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042733010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 救命ポッドの中で目覚めると記憶を失っていた男。自分自身の名前すらわからない。安全スーツのバッジから「デレク」と名乗ることにしたが、後でそれも安全スーツのブランド名とわかる。
    小惑星に着陸し、看護されるもその小惑星には人っ子一人いないロボットだけの星だった。ロボット達は惑星を掘っては埋め、掘っては埋めと一件意味の分からない活動をしている。彼らは何かを探しているようだ。
    デレクはそんなロボットしかいない小惑星から逃げ出そうとするのだが……

    アシモフ監修で新人SF作家がリレー形式で長編を書いていくSFシリーズの1冊目。今までのアシモフの世界観がそのまま反映された物語でなかなか面白かった。
    「ロボット・シティを捜せ!」ってタイトルだけど、実際は探したわけじゃなくて、知らずに連れて行かれた感があった、このタイトルはどうなんやろと思いました。ロボットシティーが出てくるのは、この巻の最後の最後やしな!

    ロボットシティに行くまでにも異星人に監禁されたりとかなかなかスリリングな内容、SF感満載の物語はなかなか今後が楽しみである。
    全6巻らしいので頑張って集めるかな。

全1件中 1 - 1件を表示

アイザック・アジモフの作品

電脳惑星〈1〉ロボット・シティを捜せ! (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする