アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.95
  • (1945)
  • (1501)
  • (1535)
  • (249)
  • (65)
本棚登録 : 17381
感想 : 1858
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042750017

作品紹介・あらすじ

羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「一生のうちに読んでおくべき本の1つ」という前評判の元で読みましたが・・・・

    すいません。僕がバカだからなのか、全然理解しきれませんでした。
    日本語訳が単調だからか、そもそもストーリーや背景が理解しきれないからか・・・・

    どの点がイイ本なのか、この本から何を学ぶべきだったのか、そこすらも理解できませんでした(笑)

    • だいさん
      役者がすごいんじゃない?
      役者がすごいんじゃない?
      2021/09/21
    • きのPさん
      コメントありがとうございます(^^)
      役者…?舞台でもアルケミストってやっているんですか?
      コメントありがとうございます(^^)
      役者…?舞台でもアルケミストってやっているんですか?
      2021/09/22
  • 大好きなバンド、ACIDMANの曲「アルケミスト」のモチーフだというきっかけで読んだ作品ですが、定期的に何度も何度も読み返したいと思わされるものでした。

    今を大切に、味わって生きること。
    失敗を恐れず、心の声に従って生きること。
    本当の学びは行動を通じてしか得られないこと。
    などの大切さを再確認させられました(^^)

    人は「やり方」を欲しがちだけど、実はすでにやり方は知っていて、それをやる勇気がないだけということは多々あるなと思った。

    こちらの作品も生き方をめっちゃ考えさせてくれるし、大好きなのでYouTubeの「小説おすすめチャンネル」オススメ第2弾で動画アップしました(^^)
    https://youtu.be/9aOnWOe6xnM

  • この本は、世界で6500万部売り上げた超ベストセラー作品です。
    夢を追いかける少年を描いた童話風な物語ですが、めちゃくちゃ深い話もあり、読むべき一冊だと思います。
    ぜひぜひ読んでみてください

  • 夢を叶えるため旅する少年。人と出会い別れるなかで、生きる知恵を学んでいく。宝物って案外近くに、もしくは既に手にしているのかも。日々の些細な出来事から、どれだけ気づきを得られるかは自分次第なんだ。あとは行動する勇気。人生の指標となる一冊。

  • 読書仲間から勧められた一冊。
    先週、寝る前に静かな夜空を眺めながら少しずつ読んだ。

    アルケミストとは「錬金術師」のこと。ただ、この本においては、物質を変えるというよりも、物事の捉え方・考え方を変えるという解釈をした。成長マインドセットに切り替わって、信念に基づいて突き進めば、鉛色の人生も黄金になるということか。

    「自分がどうなりたいかよりも、他人からどう思われるかが、いつの間にか重要になっている」
    「前兆を感じ希望に向かって進めば、全宇宙が支援してくれる」
    などなど、ハッとさせられる言葉が沢山出てきた。

    また、主人公が太陽や風と直接対話して奇蹟を起こす描写があったが、今この瞬間に意識を集中して、全宇宙を感じつつ、マインドフルネスな状態になっているのだと思う。ニーチェの「超人」とか、茶道や座禅とも通じるイメージではないかと勝手に思い込んでいる。

  • 一応ジュニア書になるのかな?
    感性の泉はとうに枯れきっていると思っていたけどあらすじ紹介でサンチャゴ少年が「宝物」を見つけにアンダルシアからエジプトを目指す事を知るや否や胸が高鳴り、読み進めたいという欲求がフツフツと湧いてきた。

    聖書を連想させる語りで、ジュニアだった頃に戻ったみたい…いや、懐かしい気持ちになった汗 世界一の賢者と少年の話とかイエス・キリストのたとえ話みたいだけど、間違いなくハッとさせられる。謂わば心から望むものへと一歩踏み出す時に携える心得、バイブルなのかも。(実際聖書に関する話題も作中登場する)

    「人生で簡単に見えるものが、実は最も非凡なんだよ」「おまえが何かを望む時には、宇宙全体が協力して、それを実現するために助けてくれるのだよ」

    もう一つ、(恐らく)「運命」を表す「マクダブ」ってワードがついてまわる。運命は予め一つの手によって「書かれたもの」。その手の持ち主とは神様か?とか頭をひねってくうちに急に広い宇宙に放り出されたような感覚に陥る。

    語りの話が込み入りすぎて、巻き戻さなきゃいけない箇所もあった。物語の核になるはずの錬金術も蘊蓄が多くて読むのを断念しようかと思ったほど。(それでも完読できたのはそれが「マクダブ」だったからか?)

    夢や運命論が彼の旅路にてんこ盛りだったわけだが、そんな壮大なテーマで彩られていたわりに宝物のありかには拍子抜けしてしまった笑(終わり方は悪くなかった)
    サンチャゴ少年の旅イコール人の一生ってこんなもんだと言いたかったのかと今になって思う。あとこれをジュニア期に読んでいたらもっと感動し、「天からの啓示を受けた!」って一人勝手に開眼していたのかなとも。

  • 冒険ものやファンタジーが大好きだった子どものころの心が蘇ってきました。

    私は運命や宿命といったものを信じるタイプではありませんが、こういった小説の中では、運命に全身を委ねて主人公と共に歩みます。その時の興奮や胸の高鳴りは、何物にも代えられません。

  • この本を教えてくれた人とも、街角で出会った。物語の中でも、環境の変化や人との出会いが時間を導いていく。見えない流れに運ばれ、時に手なずけながら人生を変える。胸を高鳴らせる思いの力で、奇跡や大きな夢にも届くと感じさせてくれる本。
    きっとこの本は、感性が強い人には面白い。漠然とした世界観の中から、自分の現実にも必要な言葉が見つけられる。といっても、普遍的な愛や自由やらのテーマではなくて、自分の心で見た生き方について。現象を素直に受け止めることで、自分の存在がどういうものか、世界の仕組みも見えてくる。
    はっきりと、人生はこういうものだと書いてあるのではなくて、見つけるものは本を読む人それぞれ。物語の主人公の旅は、ヒントの1つでしかないけれど、示唆しているものがある。題名の「アルケミスト」錬金術師は、物語の少年のことでもあり、個々の人生の主人公、私たちのことでもある。
    少年が変哲のない日々から大切なものを見つけ、人生そのものを価値ある宝物に変えたのが、彼の錬金術だと思う。それと同じように、私たちも、自分次第で人生を金に変えることができるはず。そんなメッセージもあるのではないかと、私は解釈したいです。

    私は、心が鈍くなったときに『アルケミスト』を取り出して読むと、清々しくなります。
    偶然出会った人と交わした言葉や、今日の些細な出来事もどこかへ繋がっているけれど、何を感じ汲み取るのかで道が変わっていくのかもしれない。私も、毎日の時間に隠れたものを見逃さないでいたいなと、思い出させてくれるのです。
    もしかしたら、1年後に読むとまた感じ方が変わるのかもしれないけれど、その時々で心に訴える部分が変わっていくのは、長いお付き合いができる本だからだと思います。

  • 幼少期、青年期に読んでおきたい、と思える一冊。生きていく上での様々な示唆に富んではいるが、おっさんには不向き。あと訳が単調なのも...。ただ、読んで損はないと思う。
    「人は誰でも、その人その人の学び方がある~彼のやり方は僕と同じではなく、僕のやり方は、彼のやり方と同じではない。でも僕たちは二人とも、自分の運命を探求しているのだ。だからそのことで僕は彼を尊敬している」
    「悪いのは人の口に入るものではない~悪いのは人の口から出るものだ」

  •  本書を読むのは2回目。1回目は図書館で借り、2回目の今回はブックオフで110円の棚にあるのを見つけて購入。こんな名著を何で110円に!ラッキー!と購入した。(同様に大崎善生の『将棋の子』と『聖の青春』も購入)

     でもやっぱり今読み返すと3冊どれも内容が古い、時代を感じる、と思うのでブックオフの110円の棚に置かれてしまうのは仕方が無いのかな。ブックオフの値段設定は売れ筋優先だろうし。
     本書の場合は、男性は旅をし、女性はその帰りを待つものだという考え方に引っ掛かった。

     今時ボーイミーツガールなんて古い、しかもその上に家長父制ときたもんだ、舞台がアラブだから仕方が無いのかもしれないけど、とぶつぶつ文句垂れながら読んだ。
     初めて読んだ時は、なんて素晴らしい小説! 難しい言葉を使っていないのに世界観にぐっと引き込まれるし、夢で見た内容をそのまま言葉に落とし込んだような美しくて不思議な話!と大興奮したのに。

     あの感動を返せ、と思ったけど、時代も変わったし自分も歳をとって色んな考え方を知ったしで、仕方が無いのか?
     それに初めて読んだ時は、多分自分は主人公の少年目線で読んだのだ。旅をして新しい事に出会っていく少年に感情移入したのだ。いつ読んだか忘れたけど、多分若かったから。今の自分、もう若く無いとは思いたくないけど、多分疲れた大人になったのだ。だから今回は主人公以外の登場人物の方に目がいった。中でも労せず美味しい所を持っていったジプシーの老婆が好きだ。

     星3と4で迷うけど、最初に読んだ時なら5をつけていたので、間をとって4とする。

全1858件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。現代において最も影響力のある作家の一人といわれている。2002年よりブラジル文学アカデミー会員。著作の多くが世界的ベストセラーとなり、88か国語に翻訳され、これまで170以上の国々で3億2000万部以上を売り上げた。多くの名誉ある国際的な賞を受賞しており、そのなかにはフランスのレジオン・ドヌール勲章がある。2007年には国連ピース・メッセンジャーに任命された。

「2021年 『弓を引く人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パウロ・コエーリョの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×