アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.97
  • (1553)
  • (1107)
  • (1244)
  • (157)
  • (40)
本棚登録 : 10432
レビュー : 1364
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042750017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 令和、最初に手に取った本は、この本でした。 羊飼いの少年が、スペインから、アフリカ大陸に渡り、夢で見たエジプトのピラミッドで財宝を手にするという。その旅に出るという話しです。ただの冒険ものではなく、自己啓発ものという意味合いが強くて、夢を諦めるな。その夢を叶える為に生きるのは素晴らしいという話しでした。とてもいい本でした。

  • 心の中の直観や内なる声に従うことの大切さを説いた本。隠喩的ではあるが物語構成でなかなか面白かったので、同じ著者の他の作品も読んでみようかな、という気にはなった。

  • “一番好きな本は?”って聞かれたらとっても、とっても、迷うけど。無人島に一冊だけ本が持っていけるなら、この本だと思っています。

  • 「人生の偶然の必然」について示唆をもらえる書。たぶん自分の生き方の方針が定まらない年齢に読むと、とてもいい本だと思いました。

  • 良い言葉が多くて人生のヒントがいっぱい転がっていると感じた。以下、雑多にですが本文より読みながら拾ったパワーワード。

    愛とは砂漠のように動かないものではなく、風のように動き回ることでもなく遠くから見守ってるものでもない、大いなる魂を変え、より良いものにする力

    傷つくのを恐れるのは実際傷つくよりつらいもの

    学ぶ方法は1つしかない、行動を通して

    風に乗せてキスを送り、その風が少年のほほに触れて欲しい

    人は愛されるから愛される
    愛に理由はいらない

    ラクダは裏切る、疲れないのに突然ひざまづいて死んじゃう、馬は少しずつ疲れる

    男はいつも未来に基づいて人生を生きている

    世界中で話されていることばの最も重要な部分
    すべての人が心で理解できる言葉 愛

    人生はパーティ
    過去の教訓と未来の夢とともに今を生きる

    人は誰でもその人の学び方がある

    人は自分の運命のり、他人が羊飼いやパン屋をどう思うかという方がもっと大切になってしまう

    自分を縛っているのは自分だけ

    スプーンの油を忘れずに世界のすばらしさを味わう

    本当に起こっていることではなく、自分が見たいように世の中を見ている

    メッカには決して行かない、そうしたいと一生想う

  • 人が夢に向かって進んでいくのを困難にさせる一番の原因は他でもない夢を追うことによって傷つきたくないという自尊心なんだと知った。腑に落ちない点もいくつかあったとはいえ、心に残る大切な言葉もいくつかあった。まずその筆頭が「傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、おまえの心に言ってやるがよい」この言葉は心にしっかりと留めておきたいと思う。どこに進めばいいかわからず立ち止まった時にこそ、自分の心に耳を寄せることを忘れずにいたい。

  • 同僚に勧められた一冊

    夢は追い求めなければ叶わない。
    前兆だと信じ、ただまっすぐに進むことが正しいこともある。

    で、やっぱり、錬金術士の弟子は主人公だったので、イギリス人の子はその後どうなるんだろう?同じく何かを信じ抜いてるのに、叶わないものと、望んでないのに何倍も多く得られるもの。

    一度起きたことは二度と起きない
    二度起きたことは三度起こる

    哲学的で、含蓄のある一冊で、想像力が試されるのも面白かった。

  • 人は夢を持っても、それを持ち続けられるか常に試されているのだと思った。多く人はその試練を超えられなくて諦めてしまう。人にバカにされて、すんなりと諦めてしまうこと、突き進んでも困難にあたって砕けてしまうこと。夢を持つことは難しい。それでも、この少年は夢を持ち続けた。幸運が訪れる結果を信じて私も突き進みたい。

  • 羊飼いの少年サンチャゴは彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドを目指し長い長い旅へ出る。

    旅のなかでサンチャゴには様々な試練が降りかかるが、絶望のなかでも明確な目的が定まっている彼には強さがあり、それは自身を奮い立たせる原動力にもなっている。また、全ての経験は“大いなる言葉”や“大いなる手”を手にする道へと続く、つまり全ての行動には意義があり、本書では「マクトゥーブ」(「すべて(神の手によって)書かれている」)という考え方につながっていく。
    旅の出会いの先々でサンチャゴが経験や人からの教えで学ぶことは、万人に当てはまる大切な姿勢の数々。短い作品にも関わらず人生の指針となるような意味深いフレーズが全体に散りばめられている。
    ファンタジーであり、放浪記であり、哲学書でもある丁寧に読み進めたい1冊。

  • 一度、数年前に読み、また最近読みたくなって読みました。
    前より、今のほうがすーっと言葉が入ってきました。
    タイミングを選ぶ本かもしれないですね。

    「それに、彼女はすでに自分の宝物を見つけたのだ。それはおまえのことだ。だから、彼女はおまえにも、おまえが探しているものを見つけてほしいと思っているのだ。」
    という部分に共感。

全1364件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1947年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。現代において最も影響力のある作家の一人。ブラジル文学アカデミー会員。著作の多くが世界的ベストセラーとなり、81か国語に翻訳され、これまで170以上の国々で2億部以上を売り上げた。フランスのレジオンドヌール勲章を受章。ほかにもさまざまな国際的な賞を受賞している。2007年には国連ピース・メッセンジャーに任命された。

「2018年 『不倫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)のその他の作品

アルケミスト―夢を旅した少年 単行本 アルケミスト―夢を旅した少年 パウロ・コエーリョ
アルケミスト: 夢を旅した少年 Audible版 アルケミスト: 夢を旅した少年 パウロ・コエーリョ
アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫) Kindle版 アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫) パウロ・コエーリョ

パウロ・コエーリョの作品

ツイートする