ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)

制作 : 平尾 香  Paulo Coelho  江口 研一 
  • 角川書店
3.36
  • (171)
  • (332)
  • (704)
  • (114)
  • (34)
本棚登録 : 3064
レビュー : 371
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042750055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルは知っていて、古本屋で目に留まり購入

    まず、日本語訳が読みにくいと思ったのは自分だけではないはず。
    直訳すぎやしないか。もう少し日本語に合った表現に書きかえるとかないの。まあニュアンスが変わってしまう問題とかあるのかもしらんけどさ、それにしてもと感じてしまった。
    そのおかげで、物語にまだ盛り上がりがない前半部分は非常に苦しんだ。


    しかしどんどん話が展開していくにつれて、そこまで気にならなくなった。それくらい興味深かった。
    これ読んだ人はもれなく自らを省みると思う。はたして自分は、と。おもしろかった。

    しかしやっぱり日本語訳がどうも気に入らないのと、自分自身がこの話を完全に理解できていない気がするのを考慮すると、評価は星4つになった

    ただし、その直訳感がすばらしく働いたのか、日本語版タイトルは秀逸。「ベロニカは死ぬことにした」

  • 若さと美しさと素敵な恋人や家族に恵まれていたが、単調な日々の繰り返しに絶望したベロニカは、自殺未遂をはかる。
    一命はとりとめたものの心臓を壊してしまったベロニカは、たびたび襲ってくる心臓発作に苦しみながら、わずかに残された余命をサナトリウムで過ごしつつ生きることの意味や産まれてきた理由を追及する作品。

    やっぱり 毎日 生きていること 変わらないこと 目に見るもの 耳に聞くもの 自分の世界にかかわったもの
    すべてのものに感謝しなければ、いけないんだなと。。。そう感じました。今ある一瞬を、当たり前と思ってはいけないのですね。
    残りわずかな時間しか残されていなかったベロニカにとって、生きることへの渇望はすさまじいものでした。
    自分のうまれてきたことの理由づけを、早くしなければいけないという使命感に駆られているさまが痛々しくもありまあしたが…それでも 自殺する前まで営んでいた何気ない日常に対する気持ちの変化(絶望から希望へ)はきっと彼女の精神を救ったことでしょう。

    それにしてもベロニカの公開オナニーにはちょっとたまげましたね~;;

    これ映画化されてるみたいだけどやっぱりR-15指定になってるんね…

  • 真木ようこ主演の映画はどうなんだろう。
    原作は素晴らしかったが、ラストはなんとなくこの話にふさわしくないような気がした。というか、あのラストがなくとも圧倒的な心理描写にすっかり満足していただけかもしれない
    時間をおいてまた読んでみようと思った

  • 美しく知的なベロニカが後半そのままにか弱い振る舞いをする時、「ベロニカ」や「彼女」ではなく「女の子」と表記するところが好きだった。憂鬱についての多くの文には、新鮮さは特に感じなかった。

  • 死に直面することは最良の生をもたらす。
    人によく思われ行儀よく思いやりにあふれる人でありたいと、誰かに遠慮して無難に生きることは自分を殺すことだ。
    自分を解放し、人に失礼かどうかなんて考えず、思うように生きろ。誰かに狂ってると思われても気にするな。

    自分のスペースのために戦ってる野生動物の姿に少しは敬意を払え。
    イゴール博士の粋な実験で自分を取り戻す人々の話。

  • 初めて手を出したブラジルの作家、神経症が主なテーマ。リュブリャナの鬱屈とした描写と重なるのが良いね。ただ終わり方はややチープな感じ・・・。

  • 3

  • ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)

  • 死にたいや、居なくなりたい、と書いたわけではないのにこの本はきっとあなたを救ってくれると勧めてくれた高校教師に感謝している。

  • 2017年に読んだ中で1番の作品。

全371件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1947年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。現代において最も影響力のある作家の一人。ブラジル文学アカデミー会員。著作の多くが世界的ベストセラーとなり、81か国語に翻訳され、これまで170以上の国々で2億部以上を売り上げた。フランスのレジオンドヌール勲章を受章。ほかにもさまざまな国際的な賞を受賞している。2007年には国連ピース・メッセンジャーに任命された。

「2018年 『不倫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)のその他の作品

ベロニカは死ぬことにした (角川文庫) Kindle版 ベロニカは死ぬことにした (角川文庫) パウロ・コエーリョ
ベロニカは死ぬことにした Audible版 ベロニカは死ぬことにした パウロ・コエーリョ

パウロ・コエーリョの作品

ツイートする