11分間 (角川文庫)

制作 : 旦 敬介 
  • 角川書店
3.59
  • (66)
  • (85)
  • (147)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 701
レビュー : 95
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042750079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少女の成長の過程と性(愛?)の描写。
    プロとして女の成長と遍歴の物語。
    性⇒聖に結びつくもの。

    楽しかった!


    11分間
    題名の由来は予想できたかもしれない。小説は入れ子になっている。マリーアは神?新教の世界である。
    男の視点から、女の視点から。
    若さはブランド&記号。逆向きの時間。
    女の目覚め、悦び。共感、シンクロ、同情、理解。
    外観ではない男、女は内面が見えるのか?物理的、心理的な時間も。
    支配するものと、支配されるもの。機能と役割。

  • 感想を書くのは難しい作品だけど、
    私はあのラストシーンは好きじゃないなぁ。
    どうなるのかと期待していただけに、興醒め。

  • パウロ=コエーリョによる性についての前衛的であるようで、宗教的な断片。他の著作と同じように貞操観念が薄く、体面以上の自尊心をまだ見つけられない若い女性が主人公。小さな好奇心と、人生を単純に考え過ぎたはずみから娼婦の道を進むようになり、様々な男との経験と、特別な男との出会いから、性と生を見つめなおす話。

    独特な潤いのある語り口と宗教的信条が印象派的に光る世界観は同じみ。ちょっと長すぎる感がある。200ページ前後でおさめられていればもっとよかったと思う。

    2014.12.9

  • 苦手だったパウロ・コエーリョ。寺山修司好きの女子に「女性が男性に読んで欲しい猥褻な本」という不純な動機で読み始めたが人生の示唆に富んでいて凄かったの一言。一度整理しないと他の本を読めないので、一旦レビューしとく。
    この本はエロ本であると同時に聖書である。堕ちながら高まっていく相反する世界を描写していく。特に、自意識に悩んでいたり、自己否定している人には赦されると思う本だと思う。性描写に眼が行きがちで、たしかに生々しいが、それは鞭を打たれるキリストを描写するのと同じ如く、ただの状態をある意味正しく表現したに過ぎない。
    相反する要素は、実は表裏一体であり、それに気づき学ぶことは身を持ってしないとわからないが、この表現力の豊かさによって読者は主人公に起きることを客観的、そして主観的に感じることが出来る。
    僕は、この本を読み終えて、赦されたと思った。読後感に救いがあった。
    もちろん、主人公がサディスト側に回る伏線の回収が無かったり、道の真ん中で突然、主人公が一人でオーガズムに達するとか、最後が救いがたいほどメルヘンチックだったりするのだけれど、結果は他者のためであり、過程は自分のためにあるなど、いささか極端で、だからこそ分かりやすい。
    誰にも勧める本ではないけれど、僕の中ではすごくよかったとしかいえない一冊。

  • これまで、ミランクンデラの「存在の耐えられない軽さ」が史上最高の恋愛小説だと思っていた。だから、これも最高の恋愛小説って聞いて、まずは読んでみようと思った。

    読んで思ったのは、『恋愛』っていう単語に対する自分自身の認識があまりにも甘かったということ。読みながら、自問自答をやめさせてくれない本でした。

    印象的だったのは、「痛みを共有することで生まれる拘束感と快楽からは、抜け出さないといけない」と語られていること。(少なくとも私はそう感じた)

    そんな沼のような存在を身の回りに感じながらも、そこからなんとか抜け出そうとする意思こそ、私達に「今、この一瞬」を生きていると感じさせてくれるエッセンスなのではないかなとも思う。

    そう考えると、むしろ、がんじがらめになってる人の方が動機としては強いドライブを発揮するのなか、なんて思ったり。

    意思はどこから生まれてくるのだろう。


    ラスト2ページは個人的には好きくない。

  • マリーアって可愛くて若くて賢いブラジルの女の子がスイスで売春婦になり、稼ぎながら日記書いて、愛とセックスと孤独について考える話。

    テーマは「性」「愛」「快楽」「SM」「金」「幸福」「キリスト教」そして「生」ではないかな。

    「セックスの時間なんて実際の行為自体に、11分間しかない。 世界はこの11分間を中心に回っている。みんなそのためだけに一日がんばって仕事したりするんだ」
    とかってあっさり言ってのける本。

    数々本を読んできたけど、これは。
    深い。正直、既読洋書で一番かってくらいな。クンデラの「存在の耐えられない軽さ」に似た感じを受けました。


    世の中で、直接的に「書いてはいけないこと」だけど「人間の根本」について、を、誰もが実は死ぬほど求めているもの、を、
    すごくあからさまに直接的な描写もするのに、ものすごく美しく書いていて、いやらしいのにいやらしくない。
    おそれいりました。超絶技巧。非常に哲学的かつ卑猥。

    正直21歳にはまだ分からない部分がありました。そして、正直、とっても分かる部分もありました。
    31歳になったらもっと分かる部分も出てくるのかしらと思いながら。

    「この世で一番大事なものを、所有することなく、抱きとめること。」
    「愛こそが本当の自由の体験なのだ、そして、誰も他の人を所有することはできない」

    「人生で大切なのはどっちなの?生きること、
     それとも、生きたフリをすること?」


    性愛、って日本語では熟語があるけど、
    あなたはこの熟語は「反対語がつらなって構成する熟語」と考えますか?それとも「同義がつらなって構成する熟語」と考えますか?

    私はますますわかりません。

  • とても良かったです。

    最後のラストの展開はちょっと納得いきませんでしたが。文章がとてもよかったです

    性描写の所はそんなにいやらしくなくて
    好感が持てました。

  • 娼婦の女性が愛を追求していくお話。
    仕事をしていても、魂で感じていた事は日記に綴って忘れないように書き続けているところがよかった。

  • タイトルと内容が一致するとは思えない。
    恋愛小説? 読み終わった後の印象も?な感じでした。

  • うむ。この人の本、どうしてもはまれない。なんでだろう。アルケミストもはまれなかったな。気が合わないんだろうか。かなりきわどいエロさを期待して読み始めたことも大きく影響しているとおもうのだが。実際にモデルがいてその人が幸せであるということは読了したものとして嬉しくなる。

全95件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年ブラジル生まれ。世界中を旅しながら執筆活動を続ける。主な作品に『アルケミスト』『ベロニカは死ぬことにした』

「2018年 『ザ・スパイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

11分間 (角川文庫)のその他の作品

11分間 (角川文庫) Kindle版 11分間 (角川文庫) パウロ・コエーリョ
11分間 単行本 11分間 パウロ・コエーリョ

パウロ・コエーリョの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パウロ コエーリ...
村上 春樹
パウロ コエーリ...
パウロ・コエーリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

11分間 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする