ザーヒル (角川文庫)

制作 : 旦 敬介 
  • 角川グループパブリッシング
3.63
  • (11)
  • (12)
  • (24)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 164
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042750086

作品紹介・あらすじ

ある日、著名な作家のもとを妻が去った。作家はその後も成功を重ね、新しい恋愛も始めたが、当惑は止まない。彼女は誘拐されたのか、それとも単に結婚生活に飽きたのか。答えを求め、作家は旅に出る。フランスからスペイン、クロアチア。数々の不思議な出会いに導かれ、ついには中央アジアの平原へ。風吹きすさぶその地で、作家が触れる愛の真実と運命の力とは-。コエーリョの半自伝的小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつものパウロ節はきいているけれど、ちょっと長くて発散的。なので「ベロニカは死ぬ事にした」か「11分間」、「ブリーダ」のほうがおすすめ

  • パウロ・コエーリョの自伝的小説。
    突然に姿を消してしまった妻を探す作家。
    世間的な成功も無意味に感じる程の喪失感を丹念に描く。
    妻を探すという行為を通じて、主人公は
    怒りや悲しみ、虚しさの段階を越えて、
    不思議な導きによって人間的な成長を遂げていき、
    新たな価値観を獲得する。

    「アルケミスト」以降の作品は読んでいなかったけれど、
    人間が生きる目的を彼なりの方法で語ってゆく手法は
    変わっていないように思う。

    もやっとした読後感だが、それも彼の作品らしい。

  • 死と対面しながら、生きていく事。
    ちょうど読んでいる時に
    スティブジョブズが亡くなって、より考えさせられた。

  • 愛した女性とジャンヌダルク。セックスと神。小説と小説家。世界の終わりと世界の終わりみたいなところ。アルメニアとパリ。物語とエネルギー。

  • 失踪した妻を探す主人公の物語。切なさが残る感じである。夫婦の溝がちょっとずつ深くなっていることに気がつかなかった主人公。妻の心の痛みに同感した。

  • 今までのパウロ・コエーリョの本の中で、読み終わるのに一番時間が掛かったし辛かった。一緒に右往左往して、悩んで考えて、どんづまりからでも突き抜ける事はできると感じられたので、読後感は良い。慰めのようなハッピーエンドではない所に安心もできた。

  • 著者の自伝的小説。本人を想起させるキャラクターを設定することによって、リアリティを創出。
    カザフスタンのテングルという文化は興味深いものがあり、「神はステップのどこにでもいる」という宗教観と、「来歴(ザーヒル)から解放されるために、来歴を語る」という野心的な試みは、何かしらの示唆を与えてくれる。

  • 「11分間」と併せて同時読み中。
    テーマは同じでも味付けが違う。
    読みかけでどこへいったーーー

  • 蔵さんから借りた1冊。

    わかったような。わからないような。
    振り返り・反省・納得・自己分析。

    場面々々で心に刺さったり染みたり。
    待つこと・・・
    それは、永遠のテーマ。
    どう待つのがベストなのか。
    そもそも待つことがベストなのか。。。
    自分と向き合うことは実は一番難しい。

  • 愛の形について。知らずに染み付いているあらゆる枠を、とりはずしたい。
    そうしてどんどん自由になれる。 希望がわく。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年ブラジル生まれ。世界中を旅しながら執筆活動を続ける。主な作品に『アルケミスト』『ベロニカは死ぬことにした』

「2018年 『ザ・スパイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ザーヒル (角川文庫)のその他の作品

ザーヒル (角川文庫) Kindle版 ザーヒル (角川文庫) パウロ・コエーリョ
ザーヒル 単行本 ザーヒル パウロ・コエーリョ

パウロ・コエーリョの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パウロ コエーリ...
フランツ・カフカ
パウロ・コエーリ...
村上 春樹
ヘミングウェイ
パウロ・コエーリ...
村上 春樹
村上 春樹
パウロ・コエーリ...
パウロ・コエーリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ザーヒル (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする