ヴァンパイア・コレクション (角川文庫)

制作 : ピータ ヘイニング  Stephen King  Peter Haining  風間 賢二 
  • 角川書店
3.38
  • (2)
  • (7)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (588ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042782025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原題は、THE VAMPIRE OMNIBUS とあるので、吸血鬼モノのオムニバス、アンソロジーということになるのだろう。

    例によって、やはり読んだのは、スティーヴン・キングの「新・死霊伝説」のみ。

    この短編は、ジェルサレムズ・ロット(セイレムズ・ロット)という吸血鬼がはびこる町を舞台にしたキングの「呪われた町」の続編。

    「呪われた町」はキングの初期の傑作で、映画(「死霊伝説」)は駄作だけど、小説は素晴らしい。

    その、続編。

    いわゆる外伝みたいなものだけど、小編ながらも、「呪われた町」の世界観が良く表れている。

    映像にすると多分ものすごく滑稽になってしまうんだろうけど、キングの文章にかかると、圧倒的なリアリティに戦慄してしまう。
    そして、余韻に浸ってしまう。

    「呪われた町」を読み返したくなってしまった。

  • オーソドックスなヴァンパイア・アンソロジー。実は以前読んでいるのだが、どさくさで手放していたので再購入。

    ブラム・ストーカーによる永遠の傑作「吸血鬼ドラキュラ」を軸として、それ以前の吸血鬼もの、映画作品の抄録、そして近年の新たな形の吸血鬼作品…の三章に分けて紹介している。

    「人間の生血を吸う不死者」という存在が怪奇/ホラーの創作の分野においていかに魅力的なモチーフであるかということ、そしてストーカーによって創造された「伯爵」がいかにホラー界で大きな存在であるかということを、改めて理解させられる一冊。その意味では、編者ヘイニングの、ストーカーへのトリビュートと考えてもいいのかも。

  • ヴァンパイアが活躍する物語はカーミラやドラキュラだけじゃない!
    それを教えてくれる本です。
    書籍化されていない古い投稿作品なども収録されていて、大変価値のある一冊だと思います。

  • 10/25読了
    全訳ではないので、ちょっとわかりにくいものもあった。
    ヴァンパイア・コレクションなので「十月の西」よりはエナー叔父さんの話のほうがよかったのでは?

  • 吸血鬼の短編小説(21篇)

    様々なタイプの吸血鬼像が面白い。

  • スティーブン・キング、アン・ライス、ウディ・アレン、レイ・ブラッドベリなど全部で21篇の小説が収録されています。従来どおりのイメージそのままな吸血鬼あり、そうでない吸血鬼あり。怖い話あり、笑い話あり、です。

全6件中 1 - 6件を表示

スティーヴン・キングの作品

ツイートする