闇よ、我が手を取りたまえ (角川文庫)

制作 : Dennis Lehane  鎌田 三平 
  • 角川書店
3.78
  • (11)
  • (20)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 120
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042791027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ中、これが一番好き。誰もが心に暗い部分を抱えているものだが、常人の理解を超えた悪に捕らわれた人間が、パトリックとアンジーと対峙する。徐々に真相が分かっていく過程はスリリングで途中でやめられない。依頼人の事件に巻き込まれたと思いきや、パトリックたち自身の過去との関係が浮かび上がる。ホントにうまいなって感心するしかない。

  • パトリック&アンジーシリーズ二作目。ブッパの扱いがすこしかわいそう。もうちょっと優しくしてあげてほしい。

  • パトリック&アンジーの探偵シリーズ第2弾。

    前回は、突然マフィアが出てきたりして多少突拍子もない展開も否めないところだったが、今回はさらに怒涛の展開をみせ、それがうまくはまっている。

    息子宛に脅迫電話がかかってきた、という相談を、精神科医のディアンドラから受けるふたり。
    その相談内容から、どうもマフィアがかかわっているらしい、とわかり、気が進まないふたりだが、調査を引き受ける。
    その事件が解決したかと思われる頃から、圧倒的なスピードで物語が急展開していく。ただの相談者(=被害者)であったはずのディアンドラが、実は……。

    そしてこのシリーズの根底に流れている、パトリックと彼の父親との関係(父はすでに死亡している)が、大きく影響していることが判明する。街ではヒーローと呼ばれたパトリックの父親を、パトリックは憎悪している。そのパトリックの感情が、今回の事件ではどうなっていくのか。

    ちょっと読むと、一時期はやったサイコキラーもののようだが、レヘインはサイコキラーになったその原因(たとえば虐待にあっていたとか、なんとかそういうトラウマもの?)ではなく、サイコキラーになってからの心情と、彼が原因で起こる、恐怖の感情についてを前面に書いている。

    伏線、伏線の連続で、息もつかせぬ、とはこのことか、という作品。

    ラスボスの彼の怖さ、というのがちょっとつかみにくいのだが、それが主眼ではないのだろう、たぶん。

  • 探偵パトリック&アンジーシリーズ第2作。
    この作家初読である。

    解説ではチャンドラーを継ぐハードボイルドの新鋭として捉えらていたらしいが、本作を読む限り作者にその意図は無いようだ。

    主人公を含め、主要な登場人物全てが過去になんらかの傷を持っている。最初から最後まで暗く重いムードが漂い、容赦のない人間の暴力への衝動を生々しく描き出す。

  • 相変わらず、救いが無い話

  • このシリーズ、アンジーは魅力的なんだけど暴力モノは元々好きでない。

  • 私はパトリックの選択にいつも引っ掛かってしまう。理不尽な暴力に対して、法に頼るのか、自ら法を破って立ち向かうのか。この答えはいつだって正解はないし、常に問われることなんだけど、私はパトリックの行動に歯痒さを覚えるんです。彼、ずるくないか?
    このシリーズ、会話もウィットに富んで面白いんだけどなーキャラクターに愛着持てないのは致命的だな。
    次回作を読むのを躊躇ってしまう。

  •  パトリック&アンジーシリーズは初めて読んだけど、読んでからシリーズ2作目であることに気づくという失態をおかした。悔しい……。が、おもしろかった。
     冒頭数ページのパトリックの父親の描写が本筋にからんでくるところがいいなあ(^^) シリアル・キラーと家族の物語がほどよくミックスされていて楽しめた。「もし犯人があなたを殺したら、この家をあいつの血で塗ってやる。隅々までね」とおっしゃったアンジーがかっこよかったさ。

  • ★粗筋★
    何者かに脅されているという精神科医のディアンドラのから依頼を受けた私立探偵パトリック。
    マフィアが脅迫の犯人だと推測したパトリックだが、そう単純な話ではなかった。
    次から次に起こる惨殺事件。降りかかってくる危険を顧みず、相棒アンジーと切り抜ける超スペクタクルストーリー。


    久しぶり骨太な物語でした。
    ホラーあり、アクションあり、どんでん返しありで面白かったです。
    500ページありますが、読みごたえ抜群。
    暇人は是非!

  • この作家はとにかく文章がカッコいい。
    勢い付いて転がるストーリー。キャラクタの抱える傷。不気味な犯人。
    お約束でありながら、文章によって光って見える。
    1作目とはまた違った雰囲気で面白かった。

全16件中 1 - 10件を表示

デニス・レヘインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイクル・コナリ...
トム・ロブ スミ...
ドン・ウィンズロ...
トム・ロブ スミ...
デニス レヘイン
ジェフリー・ディ...
トム・ロブ スミ...
マイクル・コナリ...
マイクル・コナリ...
ジャック カーリ...
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする