ムーンライト・マイル (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年4月23日発売)
3.64
  • (7)
  • (16)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :101
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042791065

ムーンライト・マイル (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パトリック&アンジーシリーズの第6作で、最終作。5作目から約10年たっていて二人は結婚し娘ができている。パトリックは探偵を続けているが危険な仕事を避けているので経済的に危機的な状況にある。そんな時に、12年前にパトリックたちが誘拐犯から連れ戻したアマンダを再度探してほしいと依頼を受ける。12年前は探偵二人は苦い体験を味わいずっと割り切れない思いを抱えてきたのだが、今回はどうなるのか。再読して印象深かったのは、パトリックとアンジーの変化だ。すでに守るべき家族がある二人は事件解決に向けて集中できない。それでもパトリックはアマンダを見つけるのだが、ラストには自分の限界を知り探偵を辞めることを決意する。事件自体はアマンダがあまりに万能すぎるし安易すぎる解決だったが、12年前にパトリックたちが選択した結果の現在のアマンダの人となりは深く納得できる。シリーズの終わらせ方としてとても良いと思った。

  • ボストンの私立探偵パトリック&アンジー、シリーズ最終作。

    これは、シリーズを読み続けてきた人たちへの、作者からの贈り物だろう。

    話は第4作『愛しき者はすべて去りゆく』(傑作!)の続編の形をとっているが、正直言って内容はしょぼい。
    最後にもう一発ホームランをかっ飛ばして欲しかった気がしないでもないが、それでも良いのだ。
    パトリックとアンジーが、いろいろあって結婚し、かわいい娘までできて、さらにその娘をブッパが抱っこして「ブッパおじさん」なんて呼ばれているのである。読んでいて胸が熱くなってしまう。

    パトリックたちのこれからの人生に幸福の多からんことを願わずにはいられない。

  • 最高のシリーズの、最高のフィナーレ。パトリックとアンジー、ブッバ、デヴィンとオスカー、リッチー、そしてギャビー。全ての愛すべき登場人物達に祝福を。

  • パトリック&アンジーシリーズ最終巻。遂に終わってしまった。これで、ブッバにも会えなくなってしまう、残念。 愛しきものはすべて去りゆくの続編のような立ち位置だが、かなりその作品の後味が悪すぎたので、その後を書いたことであの事件の決着がつきすっきりした。ある意味まとめ巻なので、大きなスペクタクルもない。シリーズのファンのために書いたおまけのようなもの。

  • パトリック&アンジーシリーズの最終作。
    前作から10年以上を経ての復活だが、今は夫婦となった二人が探偵業に見切りを付けたところで、やるせなき暴力に満ちた物語は終わりを告げる。

    すっかり良き父と母になり、物事に対する二人の視点と行動は、家族を基点にせざるを得ず、より危険な賭けにでることに躊躇し、探偵という稼業を忌み嫌うこととなる。

    これも人間としての成長なのであろうが、
    ハードボイルドは暴力と対峙し、いかにそれを乗り越えて終結させるかに魅力があるはずだから、愛する者のために平凡な仕事へと鞍替えする主人公を責めることはできないが、やはり物足りなさを感じてしまう。

  • ダメな母ヘリーンからまともな男がアマンダを救い、まともな夫婦がアマンダを育てようとした
    が、パトリックはアマンダをダメな母に返した「愛しき者はすべて去りゆく」の依頼から12年後
    再び、アマンダを探してほしいとビアトリスから依頼されるパトリック
    ダメな母ヘリーンはあいかわらず、駄目なまま
    アマンダがどんな思春期の少女に育ったのか、パトリックとアンジーは聞きこみを続けなが知ることになる
    知れば知るほど、失踪する理由が見当たらない
    が、ヘリーンとその恋人ケニイが違法なことでお金を得ていること知った時、モルドヴァ出身のロシアンマフィア組織からも狙われていることを知ることになるパトリック
    パトリックとアンジーはロシアンマフィアの魔の手から逃れ、無事にアマンドをみつけることが出来るのか!?

    パトリックがビアトリスたちの詳細を忘れてしまったように、オイラもこのシリーズのことを忘れてしまっていた
    そして、最終巻がでていることに気がついてなかった
    パトリックが推理して、かけ回って痛い目にあって解決する気持ちよさが薄い
    アンジーとペアでその描写が楽しいと思うこともない
    登場人物が歳を重ね、血気盛んで物語の緩急がついてた頃と違う様子が最終巻度を増している
    パトリックがジェネレーションギャップに戸惑い、知人たちが街を離れていて、固有名詞の意味がわからず、PCの扱いは苦手だったりする
    それでも作家の手できちんと最終回が書かれ、ソレを読むことが出来てよかった
    「ゴーン・ベイビィ・ゴーン」を借りてみようと思う。こちらも、忘れちゃってるから初見のように観れると思う

    (1/05/'14)

  • 12年ぶりのシリーズ続編かつ最終作とのことで、作品内でも12年の時が経っており、それから考えると順当で正しいが、前作、前々作の荒々しさ、焦燥感はだいぶ薄まっている。あの何とも言えない不穏な感じが好きだとすると、本作はやや淡白な印象だろう。

  •  一冊の本を読むのにどれだけ日数がかかっているのだろう。プライベート・タイムが極度に少なくなった生活の中で、こと読書に関しては恵まれず、苦慮している。だからこそ選んで読む。デニス・レヘインのハードボイルド・シリーズについては知っていたが、これがシリーズ作品であるという予備知識は身につけぬままに読み始めてしまった。だけれど、ソロ作品として十分に手ごたえのあるストーリーであり、あとがきでも読まない限り、別にシリーズであろうがそうでなかろうが、この長編作品を楽しむことができるのだと思う。

     探偵生活にけりをつけたいと考える主人公は、西部に行き場を失ったワイルド・バンチの一員のように、初老で、切ない。愛する家族とのオシドリぶりや、可愛い娘への父親ならではの愛情の向け方。それらに比例して、引きずってきた罪深き仕事にけりをつけたいために、飛び込んでゆかざるを得ない血と暴力の世界。

     現代アメリカの行き場を失った私立探偵の足がここにきてさまよいがちになる。それもそうである。これはシリーズにピリオドを打つ重要な作品であったらしいのだ。なのに、そんなことも知らず、バーのカウンターから酒瓶に向けて指先で豆粒をはじくようにじりじりとゆっくりと読み継いできた。間を開けても作品世界は記憶を失わせることはなかった。強烈な作品世界は、いつでも時に立ち寄るだけのぼくを受け入れ、テキーラかなにかのストロングな酒を一杯だけ用意してくれたりした。

     今では当たり前になったきらいのある幼児虐待の問題をさらに深く掘り下げ、虐待される幼児が自己防衛し、賢くなり、知恵を身に着け、家族から逃亡する姿が、探偵の目に様々な意味を投影する。現代アメリカばかりではなく、日本でも凄惨なDVが起こっている。つい二日ばかり前には滝行で娘を溺死させた親の事件が大々的に取り上げられたばかり。そんな病んだ現代に、狂った解決法をもちこんでゆくのは探偵ではなく、ロシアンマフィアの暗闘の引き金だ。

     久々に読み終えた、中身たっぷりの、いわゆる「らしい」小説。ハードボイルド・ファンならためらわずにこの一冊を手に取っていただきたい。そんな傑作である。

  • とても好きなシリーズだった。
    パトリックとアンジーという探偵たちが主人公である。微妙な関係だった彼らも最終的には結ばれて、娘も生まれた。結婚しても二人の仲は変わらず、仕事のパートナーとして喧嘩をすることもある。
    アメリカの社会問題を掘り下げた作品が多く、作者の怒りには共感させられた。
    深刻な社会問題がテーマであっても、いつも笑いを忘れず、洒落た会話やストーンズの音楽でいろどられている。このタイトルもストーンズの曲からとられている。

    そのシリーズの最終話であるという。(以下、ネタばれあります)

    4作目で誘拐され、親のもとにもどされた少女が再び登場する。
    法と幸福との間で揺れ動き、パトリックとアンジーが深刻な喧嘩をするにいたった事件だ。
    虐待をする親であっても、子どもは実の親と暮らすことが本当に幸せなのだろうか。アンジーは子どもの幸せを主張したが、パトリックはあくまでも法を守って、少女を親元に戻したのだ。
    そして10年後、その少女は恐るべき存在となって二人の前に登場することになった。

    結論から言うと、この最終巻でパトリックは法を捨てた。つまりそれは探偵を辞めるということになるのだ。私立探偵という、警察に準じる職業を誇りをもって貫いていた彼には、もう、どうすることもできなかったのだ。
    法を守っていても誰も幸せにはならない。それだけこの世はくるってしまったのだ。
    法とか正義とかそういうものより、信じることができるのは愛ということだ。家族、恋人、友人、そういう人たちを大切にすることだ。本当に大切なものと、幸福と信じることができる心を大切にするという生き方を、彼は選んだのだ。

    苦いラストだった。常に社会問題を見据え続けていた作者には、ただカッコいいだけのうすっぺらな探偵ものを書くことができない作者には、もう、このシリーズを続けることはできないのだろう。作者の苦い思いも伝わるような、ラストだった。
    シリーズが終わるのはさびしいことであるが、これからはただ、パトリック一家の幸福を願うのみである。

  • ★粗筋★
    パトリック&アンジーの最終話シリーズ。行方不明の少女を探してほしいと依頼を受けたパトリック。その少女は、かつて一度誘拐誘拐された犯人から救ったことがあるアマンダだった。
    パトリックに救出されたことを憎むアマンダの心の闇には何があるのか?何故なのか?


    今回で最終話というのが残念すぎる。比較的最近に出された本みたいで、レッドソックスのベケットとかスマートフォンとかの話題をリアルタイムに感じれてよかった。

    著者はシャッターアイランドも書いてるようで、残りのパトリックシリーズ終わったら読む予定。

    デニス・レヘインは人を上手にシリアスに描くね。

全18件中 1 - 10件を表示

デニス・レヘインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム・ロブ スミ...
ジャック カーリ...
トム・ロブ スミ...
ドン・ウィンズロ...
トム・ロブ スミ...
デニス レヘイン
ドン・ウィンズロ...
横山 秀夫
フェルディナント...
キャロル・オコン...
ミネット・ウォル...
ジェフリー・ディ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする