無心の歌、有心の歌―ブレイク詩集 (角川文庫)

  • 45人登録
  • 3.81評価
    • (7)
    • (3)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : William Blake  寿岳 文章 
  • 角川書店 (1999年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042794011

無心の歌、有心の歌―ブレイク詩集 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人間はほんとうに小さく、がむしゃらな存在だと思った。
    「天国と地獄の結婚」は特に印象深い。
    悪魔が語る言葉は忘れがたく、天使の存在は薄く感じた。
    それが自然なのか、おそろしいことなのか、未だわからない。

  • 742夜

  • 大好き。言葉のひとつひとつが美しい。ブレイクのキリスト教的思考も読み取れます。挿絵もかわいいです。

  • 究極の幻視者ウィリアム・ブレイクの詩と版画が、寿岳文章の見事な名訳とカラー印刷で堪能できる名著!!
    ELP「恐怖の頭脳改革」、Tangerine Dream「TYGER」をBGMにいかが?

全5件中 1 - 5件を表示

ウィリアム・ブレイクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
谷崎 潤一郎
ポール・オースタ...
ボードレール
ウィトゲンシュタ...
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

無心の歌、有心の歌―ブレイク詩集 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする