大統領の娘 (角川文庫)

  • 角川書店
3.19
  • (1)
  • (2)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042795025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アメリカ合衆国大統領ジェイク・キャザレットはかつてベトナムの戦場で運命的な恋に落ちた。二十数年後、その別れた恋人との間に娘がいることを知らされるが、この事実は親子三人の胸に秘められることとなった―。だが、この大統領の最高機密を知ったイスラエル愛国者を名乗る過激派グループが、娘を誘拐。その命が惜しくば、中東三国を空爆せよと脅迫してきたのだ。大統領を、そして世界を襲ったっこの未曾有の危機を救うべく、歴戦の闘士ショーン・ディロンに与えられた任務とは…!?波乱また波乱、血生臭い死闘。苛酷な状況に敢然と立ち向かうディロンが活躍する最新作。

    シリーズ第6作。24年ぶりに再読。またまた、あの人がゲスト出演。このシリーズ、後四作角川文庫で出て、翻訳が中断してしまった。出来栄えはどうだったのだろうか。
    2021年の読書はこれでおしまい。

  • やっぱりヒギンズは面白い。

  • ヒギンズは、英国の作家である。
    英国の作家のほうが断然に豊かである。

    例えば、構図・・アメリカの作家と違い、正と悪を描くのもあちらこちらに複雑な折り目をつけていく。

    本シリーズでの主人公のショーン、ディロンは元IRA闘士その後IRAの活動に疑問をもち、国際テロリスト(ただし、様々な陣営と仕事する)となり、湾岸戦争時代は英国首相暗殺未遂を起こすが、ボスニア紛争中に英国のファーガスン准将に拒否できない申し出を飲まされて、英国のために戦うという複雑さぶりである。

    正義と悪の領域が、複雑なパッチワーク模様を示す中、主人公が示す単純な基準が共感を呼ぶ構造となっている。

    本篇でも、このプロットは遺憾なく発揮され350ページがまさしく一気に読み進められる。

  • ショーン・ディロンシリーズ。この作品から架空の米国大統領が登場。ヒギンズは以前、インタビューで「架空の大統領や国家元首は物語には出さない」と明言していましたが、この作品以降、ヒギンズお得意の「実際に起きた大事件を題材に物語を作る」という法則が崩れて、無敵のディロンとただの悪役と化したテロリストという図式だけで物語が続いていきます。
    故に、僕はヒギンズの作品がつまらなくなってしまったのではないかと思う。

  • 元IRA闘士ショーン・ディロンシリーズ、第5弾

全5件中 1 - 5件を表示

ジャック・ヒギンズの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×