フランキー・マシーンの冬 上 (角川文庫)

制作 : 東江 一紀 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年9月25日発売)
3.82
  • (28)
  • (61)
  • (43)
  • (3)
  • (1)
  • 341人登録
  • 42レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042823063

作品紹介

フランク・マシアーノはマフィアの世界から足を洗ったつもりだった。地元サンディエゴで釣り餌店をはじめ複数のビジネスを営むかたわら、元妻と娘、恋人の間を忙しく立ち回り、"紳士の時間"にはサーフィンを楽しむ62歳の元殺し屋。だが"餌店のフランク"としての彼の平和な日々は、冬のある一日に突然終わりを告げる。過去の何者かが、かつて"フランキー・マシーン"と呼ばれた凄腕の存在を消し去ろうとしていた-。

フランキー・マシーンの冬 上 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こざっぱり感はよし。

    名前が覚えられん。

  • 最強ジジイ、フランキーがカッコよすぎ。リーアム・ニーソン主演で映画化してほしい。ドン・ウィンズロウ作品て映画化されてるのないのかな?

  • 978-4-04-282306-3 318p 2010・9・25 初版

  • 一見タダの中年男ハードボイルド調の主人公フランクは実は元殺し屋。登場人物が多くて、しかも時間が行ったり来たりでうっかり気を抜くと分からなくなってしまう。
    「上」を読み終えて次はなだれ込むように「下」へ。
    ドン・ウィンズロウ、東江さんの訳はやっぱり馴染み易い。
    マフィアモノであっても。

  • 元マフィアが命を狙われてうんぬん、といった話。
    この手の話で自分がまず重要だと思うのは、主人公に好感を抱けるか否かという部分なのだが、とても好感の持てる人柄であり、筋の通った考え方をしているので素直に共感できる。
    ところどころ、場面転換が急な印象もあるがあえて言えばの話。
    しっかりとした文体で続きが気になる。

  • 元マフィアのフランク、サンディエゴで釣り餌屋や魚を卸している。現役の時はすご腕のフランキー・マシーンと怖れられていた。

  • ☆☆☆☆★

  • ストーリーにヒネリは無いがとても読みやすくテンポがとてもいいので気持ちよく没入できる作品。人物も魅力的に描かれているし、人がたくさん死んだり暴力表現が多いけど重さやグロさを感じさせない所に作者の力量を感じる。次は前から読みたかった「犬の力」を読もう。

  • 「犬の力」の後に読んだから比して爽やかに感じたよ。特にエピローグがいい。

  •  前作「犬の力」が怒涛の嵐だったので、今作は期待大だったが、テイストがたいぶ異なる軽快な作品で、若干肩透かしを喰らった。ま、それなりに楽しめたが。

     前作が壮大なスケールのハードボイルドだとすると、今作は、洒落たクライムノベルという感じ。前作のように興奮を引きずることも無く、素敵なラストが後味を軽快にしている。

     主人公はアメリカに移住したイタリアンマフィアのフランキー・マシアーノ。彼の流儀も格好いいが、「犬の力」の男達には及ばない。ケチなチンピラがいっぱい登場し殺戮の嵐となるが、重い雰囲気は微塵もなく、ユーモアとキレがあり、まるでタランティーノの映画を観ているかのようなシーン展開だった。

     そして所々に「ゴッド・ファーザー」のセリフや何かが出てきて心くすぐられる。そういえば、マフィア物はもうやらない宣言をしたデ・ニーロがマシアーノ役に立候補してマイケル・マンが指揮を執る、という凄っごくワクワクする噂があったがどこを検索しても何も出てこないので、どうやらお蔵入りになったらしい。一瞬浮かれて損した気分。

     同じ作者とはいえ、テクスチャーやスケールの違いもあり、結局前作には及ばず、「犬の力」はマイベストを独走中だ。

    次回作も楽しみ。

全42件中 1 - 10件を表示

ドン・ウィンズロウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドン・ウィンズロ...
キャロル・オコン...
冲方 丁
トム・ロブ スミ...
ピエール ルメー...
ジェフリー・ディ...
高野 和明
ジェフリー ディ...
トム・ロブ スミ...
村上 春樹
トム・ロブ スミ...
有効な右矢印 無効な右矢印

フランキー・マシーンの冬 上 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする