夜明けのパトロール (角川文庫)

制作 : 中山 宥 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.96
  • (30)
  • (37)
  • (20)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 241
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (536ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042823087

作品紹介・あらすじ

カリフォルニア州最南端、サンディエゴのパシフィックビーチ。探偵ブーン・ダニエルズは、夜明けのサーフィンをこよなく愛する。まわりには波乗り仲間"ドーン・パトロール"5人の面々。20年ぶりの大波の到来にビーチの興奮が高まる中、新顔の美人弁護士補がブーンのもとを訪れた-仕事の依頼。短時間で解決するはずの行方不明者の捜索は困難を極め、ブーンの中の過去の亡霊を呼び覚ます。ウィンズロウの新シリーズ第1弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『フランキー・マシーンの冬』をより小粋に、幅を持たせ、洗練した感じ。

    前半から中盤にかけて、主人公ブーンの魅力だけではなく、その他4人のドーン・パトロールの面々の人物造形が素晴らしい。会話や展開も『ストリート・キッズ』を彷彿とさせるもので、待ってましたの物語。

    終盤、あまりにも細切れ感が増してしまったことや、幕引きを焦るかのごとくの駆け足になってしまったところが残念だったが、全体として期待していた以上に楽しめた。

    ■このミス2012海外14位

  • 最高!ウィンズロウ凄い!!サーフィン時々探偵なんて軽いミステリーを装っておきながら、徐々に顕にされていくお気楽メンバーの過去も絡みあって、胸にグッとくる物語となっています。ルヘイン程重すぎもせずなかなかいい感じ。

    同じ海仲間としてサーファーとダイバーって人種が違うなって感じがしていたのですが、その謎も解けたし。

    夏は終わってしまいましたが、切なく海を感じさせてくれるこういう物語もいいなぁ。

  • 解説にストリート・キッズシリーズのファンも喜ぶ軽妙さが、みたいなことが書いてあり(『犬の力』は敬遠して未読のまま)騙されてもいいか、と思って買ってみましたが解説に偽りはありませんでした。嬉しい。ドン・ウィンズロウ独特の淡々としたクールな語り口で、楽しんで読めました。南カリフォルニアを舞台に、海とサーフィンという絆で固く結ばれてはいても仕事も生き方も矜持も違うメンバーが、その絆を守り絆に守られ生きてゆく様を、ある事件を通して描いたお話。シリーズになってるみたいなので続編が楽しみです。

  • わたし、このシリーズすごく好きだ!!(まだ一作目だけど)。これぞ、今の時代のハードボイルドって感じがする!! サーファーの探偵は健康的で、孤独じゃなくて仲間とつるんでて、料理もして、家はきれいで、生活はシンプルだけど、筋が通っていて正義感にあふれ、あきらめない。かっこいい。「フランキー・マシーンの冬」っぽい感じ。再読しようと思った。あと、「ピザマンの事件簿」もちょっと思い出す。もはや次作が待ち遠しい。でも、カリフォルニアとメキシコあたりの諸問題って本当に恐ろしい……(って、ざっくりしすぎな感想だけど。)

    • monaさん
      ご無沙汰しています。以前おちかづきになりました凛羽です。長く読めなかった海外ミステリー復帰しました。やっぱりウィンズロウは最高ですね!!あの...
      ご無沙汰しています。以前おちかづきになりました凛羽です。長く読めなかった海外ミステリー復帰しました。やっぱりウィンズロウは最高ですね!!あの仲間に入りたくなっちゃった!!
      それではまたちょこちょこお邪魔させてください。失礼しました。
      2012/08/02
    • niwatokoさん
      コメントありがとうございます!
      こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
      コメントありがとうございます!
      こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
      2012/08/03
  • ドン・ウィンズロウのサーフ探偵シリーズ。
    という説明だけを聴くと、チャラ系なサーファーが活躍するお手軽ミステリー…と思ってしまいがちだが、そうではない。
    エルロイに比肩する、ヘビーノアールなスゲー小説を描くウィンズロウなんだから、そんな落とし所はない、西海岸の陽光とそこに住む連中の明るいとこも暗いとこもがガッツり読ませてくれる力作となっている。

    ミステリーとしての魅力は弱いかもしれない、いかにノンフィクションとはいえそこまでは…、的なご都合主義も散見されるし、主人公のモテっぷりやら、物語の展開も無理くり強引でちょっとひいてしまうとこも、正直ある。

    が、それを補って余りある、サーファー文化、西海岸のライフスタイルの描写がいい。俺らみたいな浅学な輩は、サーフィンというと、未だにポパイだの茅ケ崎だのサザンだの、果ては「渚のシンドバッド」だの「若大将」だのと、軽々しい流行り廃りのものを想像してしまうが、実は全く違う。

    サーフィンは、フィジカルもメンタルも鍛え上げたうえで、大自然が一番牙を向いたところに板きれ1枚に乗っかって対話するという、えげつない競技であり、大いなる文化でもある。そういったサーフィンと西海岸の描写がこの小説の読みどころである。

    日本での紹介が間違ったのか、受け取る側が浅薄だったか、おそらくその両方で誤解が生じてしまったんだろうけど。「ビッグ・ウェンズデイ」やら友人の話やら、いくつかのきっかけを経て、この作品を読む以前にその誤解に気付いていて良かった。サーフィンと西海岸文化にちょっとでも興味を持っていて良かった(自分ではよーせんけど)。

    ユックリペースながらドン・ウィンズロウは追いかけているのだが、改めてこのシリーズも追いかけようと決意。次回作(もう出版されている)楽しみやわ

  • 続編『紳士の黙約』の方を先に読んでしまったので、キャラクターの設定確認作業みたいに読んでしまいました。
    続編まで構想に入れて書かれたのか、いまいちスッキリしない終わりかたでした。
    物語というよりその背景を読ませる、PBという土地を読ませる引き込まされる感じでした。

  • 元刑事でサファー兼探偵のブーン。人生に一度あるかないかのビッグウェーブが近づき仕事どころではなかった。そんな中放火を目撃し証言をする事になっていたストリッパーが姿を消し、その行方を捜す仕事が舞い込む。仕方なしに引き受けたブーンだったが、証人と間違われ別のストリッパーが殺害され、次第に単純な保険金詐欺ではないことに気がつく。

    ブーンとその仲間たちドーン・パトロールに加え地元の麻薬王レッド・エディなど個性的なメンバーが登場するが今ひとつ個性が生きていない。ストリッパーのタミーと形成外科医のテディーの行動と姿は予想外だったが、タミーの思いには不自然さを禁じ得ない。展開が強引すぎる。

  • キャラの設定にちょこっと引っかかるところがあった。
    主人公のブーンの性格と過去の事件の後の惨めなところがうまくマッチしない気がして。
    あと、サニーとの関係も…
    まぁ、好きな作家やし、おもしろい内容ではあるしで、☆4つ。

  • とにかくドン・ウィンズロウは面白い。新シリーズはなんとサーファー探偵という、かなり時代を無視した、およそ人気を取れなそうな設定(カリフォルニアあたりでは違うのか?)だが、そんなことは超越した面白さだった。
    ニール・ケアリーシリーズもそうだったが、まず主人公が魅力的だ。サーファーというと、何となく軽いイメージがあるのだけれど、本書では、恐らくそれを逆手にとったような人物造型で、とても感情移入がし易かった。他の登場人物もとてもリアル。長編だがリズムがあってよても読みやすいと感じた。

  • ストーリー運びだけに注目すると、驚くような展開はありません。ただじ、登場人物の濃い個性、PBの空気が私を物語の世界で包み込んでいきました。ポパイの夏の特集で掲載されていたので購入。夏、海、青春にミステリーを加えた世界。

全40件中 1 - 10件を表示

夜明けのパトロール (角川文庫)のその他の作品

The Dawn Patrol ペーパーバック The Dawn Patrol ドン・ウィンズロウ
The Dawn Patrol MP3 CD The Dawn Patrol ドン・ウィンズロウ
The Dawn Patrol CD The Dawn Patrol ドン・ウィンズロウ

ドン・ウィンズロウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドン・ウィンズロ...
ドン・ウィンズロ...
ジェフリー ディ...
三浦 しをん
ジェフリー・ディ...
サイモン・カーニ...
トム・ロブ スミ...
ドン・ウィンズロ...
ネレ・ノイハウス
有効な右矢印 無効な右矢印

夜明けのパトロール (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする