CSI:科学捜査班 死の天使 (角川文庫)

制作 : 鎌田 三平 
  • 角川グループパブリッシング (2008年8月23日発売)
3.50
  • (4)
  • (4)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :62
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042826118

CSI:科学捜査班 死の天使 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 45分枠だからのあのスピード感なんだよな、とノベライズを読むたびに思うのですが、別にドラマの面白さを求めてるわけでも、小説としての完成度を求めてるわけでもないので問題はない。
    何目的かって言われたらそれはもう義理とか愛情としか・笑。

  • 検視官助手のデイビットが感じた違和感、捜査官たちのしっくりいかない感触がとても良かった。
    ドラマのノベライズと少し甘く見て読み始めたけれど、このかすかな違和感が少しずつ穴をあけていく感触を感じて意外にも読みごたえがあった。

  • ノベライズでなく、設定を生かしたオリジナル・ストーリーだという点が嬉しい。話の内容も凝っていて、ミステリとしても十分楽しめた。3シリーズの中では、ベガス編が一番小説に合っているんじゃないかな〜。それにしても、娘を持つ親の身になってみると、キャシイの行動は…怖っ。

  • 08/09/20

全4件中 1 - 4件を表示

マックス・アラン・コリンズの作品

CSI:科学捜査班 死の天使 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする