アイズワイドシャット (角川文庫)

制作 : Stanley Kubrick  Arthur Schnitzler  Frederic Raphael  佐藤 晃一  高橋 結花 
  • 角川書店 (1999年8月発売)
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042832010

作品紹介

美しい妻と6歳になる娘とともにニューヨークの豪華なアパートメントで暮らす内科医のビル。毎年、催される知人宅のパーティに出席した晩、ビルは妻の意外な告白を聞く。一見、幸福な家庭の中に潜む嫉妬や妄想、性的願望が複雑に交錯し、ビルは夢と現実の中を彷徨していく。「これが自分の最高傑作だ」と自ら評した20世紀の巨匠スタンリー・キューブリックの遺作となった衝撃の映画の原典・脚本。

アイズワイドシャット (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エロい映画なんだとばかり思っていて今までスルーしていた自分を激しく後悔した。
    これは、見事だ。といっても、映画をみたので、活字で読むとまた違う印象を受けるに違いない。

    男性主人公の性欲だけがクローズアップされているが、妻の性欲がストーリーに見事に絡み付いていて、人間の本能をよく描き出せている。
    ただの恋愛感情だけではここまで話が膨らまない。夫婦関係という立場だからこそ、このストーリーが生々しいのだ。

    いずれにせよ、結婚してしまえば、白黒はっきりさせられることはない。
    いかに、相手を信じるか、いかに、相手を受け入れることが出来るか、いかに自分を抑えられるか。

    夫婦関係(性だけの問題ではなく)に悩む人に是非オススメしたい。

  • 50p

全3件中 1 - 3件を表示

アルトゥル・シュニッツラーの作品

アイズワイドシャット (角川文庫)はこんな本です

ツイートする