太陽の王ラムセス〈3〉カデシュの戦い (角川文庫)

制作 : Christian Jacq  山田 浩之 
  • 角川書店
3.94
  • (17)
  • (10)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042836032

作品紹介・あらすじ

ファラオとなって四年、二十七歳の青年王ラムセスは自然を超えた類稀なる力をそなえ、民から深く敬愛されていた。だが、平和は長くは続かない。西アジアの強国、宿敵ヒッタイトが遂に牙をむいたのだ。蛮勇を誇るヒッタイト軍の襲撃は酸鼻を極めた。風雲急を告げ、戦闘準備を急ぐラムセス。二万の大軍を率い、エジプトの命運を懸けてファラオが起ちあがった。張り巡らされた敵の罠、そしてヒッタイトの諜者と手を結ぶ兄シェナルの策謀…。ラムセスに奇跡は起きるのか。難攻不落の要塞、カデシュの砦で決戦の火蓋が切って落とされた!歴史に名高い死闘が幕を開ける、怒濤の第三巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ありとあらゆる建物に彫られたあのカデシュの戦いがメイン。
    ファラオとしてまた神がかり的なことをやってのける。
    もっと派手に戦い合うのかと思ったら手柄はファラオの独り占めか、という感じ。
    兄とかの陰謀も佳境か。

  • 陰謀を張りめぐらされて防戦一方だったラムセスにもついに反撃の時が!カデシュの戦いでの、ピンチの時に神に祈りを捧げる姿は、ややもすれば哀れ一巻の終わりか?とハラハラした。一通り戦いが終わって陰謀も取り払われ…あれ、あんまり敵役は減っていないな。

  • 現存最古の「戦記」があることでも有名なカデシュの戦いだが、ここではその戦いそのものよりも、そこにいたるまでの権謀術策がメインとなっていて、なかなか読み応えがあった。特に中盤のスパイ戦はサスペンス色豊かで面白く読めた。

  • (2000.12.21読了)(2000.10.14購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    ファラオとなって四年、二十七歳の青年王ラムセスは自然を超えた類稀なる力をそなえ、民から深く敬愛されていた。だが、平和は長くは続かない。西アジアの強国、宿敵ヒッタイトが遂に牙をむいたのだ。蛮勇を誇るヒッタイト軍の襲撃は酸鼻を極めた。風雲急を告げ、戦闘準備を急ぐラムセス。二万の大軍を率い、エジプトの命運を懸けてファラオが起ちあがった。張り巡らされた敵の罠、そしてヒッタイトの諜者と手を結ぶ兄シェナルの策謀…。ラムセスに奇跡は起きるのか。難攻不落の要塞、カデシュの砦で決戦の火蓋が切って落とされた!歴史に名高い死闘が幕を開ける、怒濤の第三巻。

    ☆関連図書(既読)
    「太陽の王 ラムセス(1)」クリスチャン・ジャック著・山田浩之訳、角川文庫、1999.09.25
    「太陽の王 ラムセス(2)大神殿」クリスチャン・ジャック著・山田浩之訳、角川文庫、1999.10.25

  • 緊張感が一気に出てくる

  •  こう来たか!
     おおおお! 面白くなってきたぞー!という感じです。

     いいぞもっとやれ。続きが楽しみです。

  • 削除

  • エジプトが好き!<br>
    とにかくエジプトにはとても憧れがあって、それが高じて買った本。面白いけど未だに最後の巻は読んでいず、本棚に眠っておる‥。早く読まねば(汗)

  • ラムセスの治世四年目にして、エジプトの地を奪おうとアジアの蛮勇ヒッタイト軍が攻撃を仕掛けて来ます。歴史に名高い「カデシュの戦い」です。

    歴史上では引き分けだったという見方ですが、この本ではエジプトの勝利となっています。まぁ、エジプトというよりラムセスの勝利といった感じですけど。だって、守護神アメンの力を借りたとはいえ、たった一人でヒッタイトの大軍に向かって行っちゃうんですもの。それで勝てるところがまたすごい。(この辺りはフィクションでしょうけどね。)本当に神々に愛されているんですね、ラムセスって。

  • 若きラムセス王と個性の分かりやすいキャラたちの物語。カデシュ最大の戦いで奇跡が起こる。1巻から読んだら、もう止まりません。

全14件中 1 - 10件を表示

太陽の王ラムセス〈3〉カデシュの戦い (角川文庫)のその他の作品

太陽の王ラムセス〈3〉カデシュの戦い 単行本 太陽の王ラムセス〈3〉カデシュの戦い クリスチャン・ジャック

クリスチャン・ジャックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三島 由紀夫
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする