フェリシアの旅 (角川文庫)

制作 : William Trevor  皆川 孝子 
  • 角川書店
3.09
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042849018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フェリシアの言動のみをみていると、とてもこれが現代の物語とは思えないほど。物語の最後で、“自分はまだ何かを選択できる”とつぶやく彼女が、やっと現代にはまってくる感じで、皮肉というか、苦さを感じさせる。題名にフェリシアの名が冠されてはいるが、彼女と出会うヒルディッチ氏の孤独と心の闇に、より強い印象を受ける。それにしても、文庫版のカバーの後ろにある、「家出娘たちを捜し出し、・・・助けの手をのべ・・・殺す。・・・彼女を追いつめていく」といった、まるで、サイコキラーもののようなあおり文句は腹立たしい。ペーパーバックでもサイコパスといった言葉を使っているけど、余計なお世話。映画が先行していたので、仕方ないのかもしれないが・・。殺すといっても、原作では、最後の方のヒルディッチ氏の回想のなかで暗示され、フェリシアの直感として描かれているにすぎず、追いつめられたのは、むしろ氏の方。そういう先入観なしに、作品で最初に描写されたままの(母亡き後、自分のお気に入りの小物で部屋を飾り、こぎれいに暮らし、食べることが何より好きで、町工場の食堂責任者としても人望がある)平凡な中年男としてヒルディッチ氏をとらえ、読み進めていくほうが、どんなに面白かっただろうと、残念に思う。――Felicia's Journey by William Trever

全1件中 1 - 1件を表示

フェリシアの旅 (角川文庫)のその他の作品

Felicia's Journey: A Novel Kindle版 Felicia's Journey: A Novel ウィリアム・トレバー
Felicia's Journey ハードカバー Felicia's Journey ウィリアム・トレバー
Felicia's Journey ハードカバー Felicia's Journey ウィリアム・トレバー
ツイートする