既死感〈上〉 (角川文庫)

  • 角川書店
3.12
  • (2)
  • (5)
  • (14)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042871019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 海外ドラマ「BONES」原作。
    ドラマとはだいぶ違うけど、楽しい。
    かなりグロイ。
    でも、専門的で、納得。

  • 海外ドラマ『BONES』の原作という事で読んでみました。
    あのドラマを想像しながら読んではいけません。
    全く設定が違うから。

    女性を狙った連続猟奇殺人。話としては面白いと思うけれど、何というか、説明がダラダラと無駄に長いと感じてしまいました。
    なんとか上巻は読み終わりましたが、特に盛り上がる場面もなく、下巻も読みたい!という気持にはなれませんでした。

  • ドラマ「BONES」の原作

    森の中の、苔と湿気と、腐った木や淀んだ水のにおい。
    蝿の羽音、音をたてて這う蛆虫、溶けた白目。
    内臓の色、血肉の変色、過去の被害者、途切れた未来、頭のなかでぐるぐる回っている何か。
    これに×68くらいグロさをまぶした感じ。食事中には不向きな感じ。

    最初はドラマのようなユニークに溢れた話を期待していたのですがそんなことはなく、並び立った血生臭い殺人事件に、主人公は冷静から情熱、ヒステリックへと、悲喜交々から喜びだけを摘出して捨てた感じに翻弄され、一言で言えばリアルそのもの、幻想もピンチにかけつけてくれるようなヒーローもいないなか、主人公のテンペが孤立無援でがむしゃらに駆け回る様子が、先へ先へと読書の欲求を刺激してきて、
    最後、泣きました。
    最後から16行目。
    泣きました。
    こんな救いがあるとは思いもしませんでした。
    まさかの読後感で大変満足です。

  • 未読

全4件中 1 - 4件を表示

キャスリーン・レイクスの作品

ツイートする
×