ラザロの子 (角川文庫)

  • 角川書店
2.91
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (469ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042903017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 植物状態になった人を、医学界では認められていない方法で蘇生することの是非は?子を思う親の気持ちが痛いほど伝わる作品。精神世界に介入することの危うさと同時に人間の持つ可能性を感じました。

  • だいぶん前に読み終わったので内容を少し忘れかけている。
    崩壊した家族が、事故にあった子供たちを通して、再びひとつになるのかのようなストーリー展開なのだが、テーマはそれだけではないようだ。いかに生きていくか、お互いを分かり合うということは簡単な話ではないということ。ある意味、最後にはり愛し合えてしゃんしゃんしゃんというストーリーよりは新鮮かもしれない。

全4件中 1 - 4件を表示

ロバート・モーソンの作品

ツイートする
×