蟻の時代―ウェルベル・コレクション〈2〉 (角川文庫)

制作 : Bernard Werber  小中 陽太郎  森山 隆 
  • 角川書店 (2003年7月1日発売)
3.54
  • (4)
  • (6)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (510ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042915027

蟻の時代―ウェルベル・コレクション〈2〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作に引き続き今回も「嘘おぉぉぉ!」と読みながら思わず叫んでしまうほど、ぶっ飛んだ展開だった。トコジラミのグロさにうっとなり、十字軍を結成した蟻たちの進軍に目をみはり、「マーキュリー・ミッション」や地上で次々と起こる謎の殺人事件の真相に驚き……と、最後まで飽きることなく一気読みすることができた。異種間交流が前作より増えたぶん、多少現実味は薄れたものの、十分に面白かった。一人の人間が施した「仕掛け」が蟻たちに及ぼした影響の行方や、103号が今後どのような役割を担ってくるのか、次巻が楽しみだ。

  • これを読んだら蟻の見方が変わる!

  • 3部作の第2部、ストーリー的には一番おもしろいかもしれない。ミステリー的要素もあり、一匹の蟻が人間を学ぶ。

全3件中 1 - 3件を表示

ベルナール・ウェルベルの作品

蟻の時代―ウェルベル・コレクション〈2〉 (角川文庫)はこんな本です

蟻の時代―ウェルベル・コレクション〈2〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする