蟻の革命―ウェルベル・コレクション〈3〉 (角川文庫)

制作 : Bernard Werber  永田 千奈 
  • 角川書店
3.76
  • (4)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (799ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042915034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蟻の名言に戦慄した。

  • 蟻三部作読了。3部作合わせると3.5点くらい・・?昆虫を主人公としたSFでとても新しく感じた。無理のある展開もあったが、スピード感もあり面白く読める。
    2作目あたりからスピリチュアルな方面に傾いていくのに面くらったが、そういうものだと思って読めば気にならない。
    作者の蟻への情熱がすごい。足の下にこんな世界が広がっているのかと思うと、ワクワクする。
    いろいろ思想的な部分もあるけれど、読み物として面白い。

  • まずは読み終えたことにほっと一息(笑)。頭打ちした世界(あるいは個人)の現状を打破すべく、革命の名のもとに蟻にならい近づいていく人間と、人間らしくなっていく蟻たちの対比が興味深い。それまで彼らの価値観には存在しなかった芸術、愛、ユーモアを蟻たちは理解できるのか…そして、どこで両者の行動は重なるのかと、今回も固唾をのんで見守った。インパクトと面白さの点では1巻を越えられなかったが、それでもあちこちに見所があり、楽しませてもらった。

  • 荒唐無稽と思いつつも、巻置くを能わず!

  • 完結編、正直第一作とくらべるとかなり、蟻がエライことになっている。ここまでくるとイッちゃった感は否めないが、作者への蟻への思いが感じられるのはいいかも。

全5件中 1 - 5件を表示

ベルナール・ウェルベルの作品

ツイートする