この世の果ての家 (角川文庫)

制作 : Michael Cunningham  飛田野 裕子 
  • 角川書店
4.14
  • (11)
  • (11)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042923015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 90年代の感性を併せ持って70~80年代の米国を描いた、マイケル・カニンガムの出世作。二人の少年が強い絆で結ばれ年を重ねながら、自分たちなりの家族の形や喪失感を抱えて生きる道を模索していく。全体に死の影が色濃く、文体は美しいが痛々しいまでに繊細。題名が示すとおり彼らの家は世界が終わるところ、死と生のあわいに見出される。天国的に美しく清らかな最終場面が、いつまでも瞼の裏に残る。

  • 『めぐり合う時間たち』のマイケル・カニンガムによる、ピューリッツァー賞受賞作品。絶版なのでマーケットプレイスで購入。
    兄を亡くしたジョナサン、不安定な父子関係のボビー、ジョナサンの母アリス、アリスと夫の夫婦関係、ジョナサンが出会ったクレアとボビーの三角関係。
    それぞれの登場人物からの視点による章からなり、家族という枠だけに留まらず、もっと親密な人間関係を描いた長編小説。
    出版された1990年の当時、HIVに怯えていたアメリカの雰囲気が色濃く漂う。

  • ぐんぐん引き込まれる。登場人物、それぞれ魅力的。
    「イノセント・ラブ」という邦題で映画化されているけれど、断然原作!

  • 文章がとてもきれいでしたが、それは1部だけ。本書は、本当は1部で終了する予定だったのが、その人気ぶりのあまり、筆者が続きを書いたというもの。そういう作品は、たいがい失敗に終わりますが、本書は成功していると思います。
    社会問題を取り上げている文学作品で、魅力的な主人公たちに惹かれることは間違いなし。

  • 今はまだ、上手くまとめることができない。

  • とにかく長かった。半年くらいかけてゆっくり読んだ。原文(たぶん英語)でも読んでみたい。

  • ジョナサン、ボビー、クレア、ジョナサンの母アリス。その4人のモノローグで語られるジョナサンとボビーの数十年間。
    華やかな80年代が過ぎ去り、世紀末を控え混沌とした90年代のアメリカ。誰もが不器用だけれども懸命に自分が生きるべき、帰るべき「家」を探している。血ではなく愛で結ばれた理想ともいうべき親密な「家族」の姿。結局、人生とは辛いことばかりなのかもしれない。しかし文中でも語られているように、思っていたより随分と味気ない形であろうとも、幸せは確実にそこにある。

  • 幼くして何かを失い、孤独を抱えて育ったボビーとジョナサン。二人は出会い、親友となる。結ばれた強い絆は、互いの家族を癒し、そして傷つけ、時と共にみな離れ離れになっていく。時を経て再会した二人は、年上の女性クレアを交えて共同生活を始める。新たに築かれた奇妙な絆―だが、幸福とはほど遠い。そんななか、三人に子供が生まれる。かけがえのない家族の日々が、ようやく、彼らに訪れようとしていた…。

全8件中 1 - 8件を表示

この世の果ての家 (角川文庫)のその他の作品

1-B07F23QSQNの詳細を見る Audible版 1-B07F23QSQN マイケル・カニンガム
A Home at the End of the World ペーパーバック A Home at the End of the World マイケル・カニンガム
A Home at the End of the World (Thorndike Press Large Print Core Series) ハードカバー A Home at the End of the World (Thorndike Press Large Print Core Series) マイケル・カニンガム

マイケル・カニンガムの作品

ツイートする