危険な関係 (角川文庫)

制作 : Pierre‐Ambroise‐Francois Choderlos de Laclos  竹村 猛 
  • 角川書店 (2004年5月1日発売)
3.16
  • (3)
  • (4)
  • (22)
  • (1)
  • (2)
  • 133人登録
  • 11レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (594ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042939016

危険な関係 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 悪趣味にもほどがあるだろうと思わずにはおれない恋愛ゲーム。フランス貴族ってよっぽど暇だったのかな…。そりゃ、革命も起きますわ。
    手紙の文化は廃れないでほしいと思うけれど、ヴァルモンやダンスニーの恋文は正直気持ち悪いと思ってしまった。文化だから、と言い聞かせてなんとか読み切った。
    当時のスキャンダル好きな野次馬根性を持った上流階級の暇人たちにはこの手の小説が受けたのかな…。今の時代にこれを読んでおもしろいと思う人はほとんどいないと思う。

  • オール書簡体。
    マリー・アントワネットも読んでいたそうな??
    18世紀フランス上流階級のラブアフェア暴露もの、
    ってとこでしょーか。
    手練手管の応酬の応酬の応酬・・・

    やったら遠まわしな表現が多くて読み飛ばせないっ〜!

    少なくても21世紀日本の婚活には
    全く役に立ちませんな ^^;;
    有産階級ってお気楽よねえ。

    安吾も読んでます ^^/

    思想なき眼――「危険な関係」に寄せて――
    http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42878_27502.html

  • 昼ドラのようなドロドロした筋書きと、書簡体ならではの心理吐露(無意識的に自己防衛に走る様子)が目まぐるしい小説。
    (2015.8)

  • 書簡体小説が読みたくて購入。スタンダールの『赤と黒』に通じる、心理を細かく描写してストーリーが展開していくフランス文学。話が進むのに時間がかかるのと、登場人物があまりに歪んでるので、一時読むのに苦戦したが、綿密に仕掛けがされた小説で、後半は一気に読んだ。しかし昔の貴族は色恋しかすることがなかったのだろうか。何か仕事をする描写が全くなくて不思議。

  • 後半から一気に面白くなる。

  • やっと読み終わった。
    残るものはそのやりっきった感だけ(笑)
    長かったもんなー。
    手紙のやり取りでお話がすすむのと、はっきりと言わず遠まわしに「言わんとすることを分かれよ!」的な、、、そしてこんな人いたらめんどくさいわ!!なヒロイン。
    私なんかが評価できませんよ。。。

  • 恋愛心理小説の傑作。書簡体で織り成される主人公たちの心理戦。プレイボーイの子爵の巧妙な駆け引きと彼や主人公たちのしたためる手紙の書面には現れない深層心理を読み解く面白さがある。ただ個人的には書簡体という独特な形式はまどろっこしく読みづらいと感じた。

  • 携帯及びメールの普及により一昔前より飛躍的に秘密の恋愛は増えたんだろうなぁ、
    と常々思っております。
    一個人の私生活ならのみならず、携帯メールが鍵になった大相撲八百長問題・・・。

    そこで!18世紀フランスのC.D.ラクロ氏からの時間を超えた警告です!

    「汝、くれぐれも自分の悪事を記した手紙・メールを残すことなかれ」

    いや、キツネとタヌキの化かし合い、ハブとマングース対決、
    丁々発止のやり取も一種の前戯なのでは?という
    悪徳の栄えヴァルモン子爵とメルトイユ侯爵夫人-
    も、「いかに自分が色事、策略、奸計に長けているか」を滔々と
    フランス人らしく持って回った言い回しで言い(書き)表してるんだけど
    なんせ、書簡体なので、

    「この人達・・・こんな・・・手紙を人に見られたらすべておしまいやないか」

    という気持ちが拭えず(笑)
    勿論この形式を生かして登場人物の描写がされていて面白いんだけど
    なんせ肝心のヴァルモンとメルトイユがなぁ
    と思っていたら、やはり、最後は、。

    男と女を書かせたらやっぱり一番のフランス文学、
    ロズモント夫人も「男の快楽は 欲望を満足させることですが、女の快楽はなによりもその欲望を起こさせること、男にとって相手に気に入られることは成功への手段ですが女にとっては成功そのもの。よく女に対する非難のもとになる媚態と言うのも、こうした感じ方の単なる行きすぎに他ならない」
    なんてさらっと仰るし、
    ヴァルモンも「すでに陥落してしまった女にとって、寛大ということ以外に取るべき道があるでしょうか。」なんて、あー、憎ったらしい!

    終盤から俄然面白くなるのだけどヴァルモンが一計を講じての
    「ねえ、侯爵夫人、昨晩のお楽しみはいかがでしたか、
    まったくかわいい男でしょう。なかなか傑作をやるでしょう」
    くっ!憎たらしい萌え!

    ラブゲームの虚しさをひしひしと感じつつ、完全にそこから自由になれもしない、
    虚しさも喜びも悲しみも怒りもあらゆる全ての感情を内包する
    恋愛そのものに思いを馳せながら
    「あー・・・メール、皆、マジ気をつけねーと」
    としみじみするのでした。

  • どろどろ。
    フランス人って恐いかも…。
    究極の悪女です。

  • 貴族のどうしようもない色事も、これだけ真剣に考え抜いてのことなら、
    なんだか納得させられてしまう。

    一番色っぽい部屋着・・・、気になるなあ。

全11件中 1 - 10件を表示

危険な関係 (角川文庫)のその他の作品

危険な関係 (角川文庫) Kindle版 危険な関係 (角川文庫) ピエール・ショデルロ・ドラクロ

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
アゴタ クリスト...
谷崎 潤一郎
ヘミングウェイ
ポール・オースタ...
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

危険な関係 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする