ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)

制作 : 越前 敏弥 
  • 角川書店 (2006年3月10日発売)
3.63
  • (690)
  • (985)
  • (1867)
  • (66)
  • (16)
  • 本棚登録 :7091
  • レビュー :465
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042955047

作品紹介・あらすじ

館長が死の直前に残したメッセージには、ラングドンの名前が含まれていた。彼は真っ先に疑われるが、彼が犯人ではないと確信するソフィーの機知により苦境を脱し、二人は館長の残した暗号の解読に取りかかる。フィボナッチ数列、黄金比、アナグラム…数々の象徴の群れに紛れたメッセージを、追っ手を振り払いながら解き進む二人は、新たな協力者を得る。宗教史学者にして爵位を持つ、イギリス人のティービングだった。

ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者:ダン・ブラウン
    訳者:越前敏弥


    数年前に話題になったが私はその時も興味はあったが手を伸ばすには至らなかった。
    数週間前に本書の映画作品が放映されており、私は映像から入った。

    正直、ヨーロッパ、歴史、キリスト教の事に無知な私は多くが「?」マークで頭が占められいた。
    それでも映画なので、そんな私の気持ちも無視し次々と映像が切り替わっていった。

    もちろんそんなこんなで流しながら、電車に乗った窓に映る風景のように目に映っただけで、観てはいない状態なので理解できない状態で見終えてしまいました。

    それでも興味はあったので今度は本書を手に取り読んで観ました。
    一度映像を見ていたので、登場人物や建物の風景などが少しは思い浮かべる事ができ、その分浮いた余力そ内容の理解に使う事ができました。

    そうすると大きな発見と驚きがありました。
    ダ・ヴィンチの絵には様々な謎が散りばめられている事、キリストの謎など「パンドラの箱」とも言えるべき多くの謎が本書によって開けられている。

    全く馴染みのない日本人の私でさえ、この衝撃は大きかった。
    本書に書かれている多くが事実に基づいて書かれている事を考えると相当な問題作なのだと改めて思った。

    歴史的事実と小説を見事に融合させ長編でありながら最後まで驚きがあり、途中で投げ出したくなる事はなかった。http://blog.livedoor.jp/book_dokushonikki/

  • 上巻は導入部
    この巻から行動に移るので、スピード感アップ。
    リー・ティービングがいい味出してる
    映画ではわたしのイメージより男前過ぎましたね

    最後の晩餐についての薀蓄も興味深い
    口絵に絵画の写真がついているので
    いつでも参照できます
    いちいち画像検索しなくていいので非常に嬉しい

    ただなんとなくダラダラ感が垣間見えてきたので
    ☆へらしてます

  • この物語って映画にするには濃密で、しかも文章的なので大変そうだなあ。

  • レビューは下巻で

  • とにかく面白い。感想は下巻のところで。

  • 中巻の途中は私的になかだるみしてしまって読むのを放棄したくなりました。それを乗り越えたら、どんどん読み進めることが出来ました。キリスト教やヨーロッパの文化を詳しく知りませんが、それでも、続きが気になります。「最後の晩餐」の絵をそこまでじっくりと見た事がなかったので、思わず絵を見ながら読み進めていきました。絵のこともイエスキリストとマグダラのマリアのこともなーんにも知らなかったので、そういう知識があったら倍は面白かったのだろうなと思いました。

  • 下巻参照

  • 陰謀第二弾
    今度はシオン修道会とバチカンの争いごと
    キリストの妻たるマグダラのマリアの事実が隠されている聖杯の争い
    シオン修道会の他の人がいないか知りたいなあ
    オプスデイは狂信しすぎ、な感じなのかしら

  • 上官の途中で何度か読むのをやめていたが、ここからはもう一気に読んだ。
    象徴学そして宗教を根本から勉強してみたくなるレベル。

  • ティービングとか映画で出てきてたっけ。覚えてないなー。

全465件中 1 - 10件を表示

ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)のその他の作品

ダ・ヴィンチ・コード(中) Audible版 ダ・ヴィンチ・コード(中) ダン・ブラウン

ダン・ブラウンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)に関連する談話室の質問

ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする