デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)

制作 : Dan Brown  越前 敏弥 
  • 角川書店 (2006年10月1日発売)
3.59
  • (123)
  • (189)
  • (291)
  • (32)
  • (10)
  • 本棚登録 :1519
  • レビュー :126
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042955092

作品紹介・あらすじ

状況が飲み込めないままレイチェルが連れて行かれたのは、北極だった。氷棚に埋まった巨大な隕石から等脚類の化石が大量に発見されたのだ。これは地球以外にも生物が存在する証拠であり、まさに世紀の大発見だった。選挙戦は一気に逆転し、大統領が対立候補の娘である自分を情報分析官に選んだ理由を悟る。だが、科学者チームと調査を進めるうちに、レイチェルは信じられない謀略の深みにはまりこんでゆく…。

デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014/6/1読了。
    下巻はさすが、ダン・ブラウン!という面白さ。

    上巻は読み進めるのに時間がかかってしまうほど、迫力に欠けたけれど、こちらは一気に読了。相変わらずスケールが大きいというか、映画的というか、広い「舞台」の上で次々と起こる攻防をこれでもかと見せて、ええ?どうなっちゃうの?と、読者をぐいぐいと引っ張っていく。

    最後も、やっぱりダン・ブラウンでしたが(笑)。読んでいて、楽しかった!

  • キリスト教を題材にしていた「ダビンチコード」「天使と悪魔」と題材は違えど、組織・個人の陰謀とそれにからむ謎解きサスペンスとしてのストーリー展開には共通のものがある。
    歴史考証・科学考証など突っ込みどころはあるのかもしれないが、そんなことは気にせずストーリーを楽しめば良い。

  • 良くも悪くも、ダン・ブラウン
    これぞアメリカ、ハリウッド映画そのまま
    本当かウソかわからないくらいのギリギリ知識をうまく使っているところはいいところ。
    でも、大勢の人が傷つき仲間が死に物が壊れたのに主人公は九十九死に一生を得た後、すべて忘れてハッピーエンドみたいな終わり方は、チョット違和感がある。

  • 裏切りとどんでん返しがてんこ盛り。面白い

  • 上巻では隕石の謎が明らかになり、下巻ではその謎を知った者が何者かに追われ、命を狙われる。。。
    同時進行でさまざまな陰謀が動く。首謀者は誰か?何のために?
    上巻と同じく専門用語が多くてなかなか読み進まなかったところもあるが、それでもスリルたっぷりで、とにかくやっぱり面白かった!
    レイチェルとトーランドの恋バナももっとスリリングであれば言うことなかったのになぁ。。。なんてね(笑)

  • 上下巻一気に読んだ。読ませる感じがすごい

  • 間一髪の回避の連続で、ずっとハラハラさせられっぱなしです。そして己惚れが強く、周りの全て(決して自分は含まない)を犠牲にしてでも権力に固執する政治家の怖さと情けなさにもう…。一度読み始めると先が気になり読み進めてしまう良き本でした。

  • アメリカ大統領選に絡んだ、政治的魑魅魍魎とNASAや情
    報機関、親娘の確執に加え、隕石と地球外生命、はたま
    た北極海棚氷と、これでもかこれでもかと畳み掛ける展
    開は、息つく暇なく次が読みたくなるし、映画を見てい
    るよう。最初から映画を狙ってるのかしらん?

    情報機関の構造や、次々打ち出される科学知識はたぶん
    ホントなんだろうと思うが、過剰感もある。また親娘の
    確執は大統領候補である親のライバルの現職大統領に仕
    えているという設定だけではなく、母親との関係を含め
    、さらに複雑性を増している。もうそれだけでお腹一杯
    だった。

    一番のお腹一杯感は、裏切りというか調略というか段取
    りの複雑性であって、「ホントはここでしたか」という
    「漸く辿り着いた」感であった...

    図書館にあるダン・ブラウン作品はダビンチコードと本
    作だったので借りてみた。

  • ダンブラウン氏は典型的なビッグストーリテラー。典型的なんだけど規格外。bigというよりhuge。スケール感が違う。地球外生命体の線で始まり、SF好きには堪らない導入。陰謀や政治的対立、思惑など、泥臭い話に入ってからは臨場感が楽しめるが、若干の興醒め。最後がラブストーリーオチなのも、洋物だなー。

  • 面白いストーリーですが、海でのシーンなど文章を読んでいても頭の中にイメージを描けない箇所が多く困りました。

全126件中 1 - 10件を表示

デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)のその他の作品

デセプション・ポイント 下 単行本 デセプション・ポイント 下 ダン・ブラウン

ダン・ブラウンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ダン・ブラウン
宮部 みゆき
宮部 みゆき
東野 圭吾
ダン ブラウン
有効な右矢印 無効な右矢印

デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする