キャンディ (角川文庫)

制作 : Terry Southern  Mason Hoffenberg  高杉 麟 
  • 角川書店 (2007年2月発売)
2.72
  • (1)
  • (5)
  • (9)
  • (6)
  • (4)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042965015

キャンディ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 60年代の奇書と名高い本書。もうエッチでおバカなエロティック・コメディ。主体性まったくなしのキャンディ。くっだらないんだけど魅力的。60年代カウンター・カルチャーが息づいている。

  • 映画も観た。バカエロっぽさがかわいい。

  • 表紙の可愛さについ手が出てしまった。むちゃくちゃな展開もおばかエロも最悪だと言う人は多い。しかし、それこそ現代アメリカ社会への風刺なのではなかろうか。そしてリヴィア叔母さんが素敵すぎる…

  • 元祖エロかっこいいというよりは、エロ馬鹿。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    人と平和をこよなく愛する、純粋無垢な女子大生キャンディ・クリスチャン。天から授かった美貌で、行く先々どこでも男が寄ってくる。教授も医者も叔父さんも偉大な教祖も、みんな一目で彼女の虜。誰もがキャンディとやりたいと奮闘し、あと一息のところでむざむざ敗退。いつの日かキャンディに平穏で幸せな愛の日は訪れるのか―?ポルノ小説か文学か、発禁騒動も巻き起こしたカリスマ脚本家テリー・サザーンの幻の傑作。

  • 天然子悪魔キャンディ。
    エロいっていうか、なんかもう行き過ぎてやや下品。

    妄想全開っぷりが楽しい。

  • 初読の衝撃が再読でも得られなかったのは残念。

  • 読みたい

  • またまた期待しすぎました笑


    短いようで長かったようで短かったね。
    疲れたよ。

  • しょうもねえ5流ポルノ。
    読了後にたまらない虚脱感が襲来。
    ここ2、3年で一番購入を後悔した本です。

全19件中 1 - 10件を表示

キャンディ (角川文庫)のその他の作品

キャンディ (Book plus) 単行本 キャンディ (Book plus) テリー・サザーン

テリー・サザーンの作品

キャンディ (角川文庫)はこんな本です

ツイートする