ビーストリー (角川文庫)

制作 : 古川 奈々子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042982289

作品紹介・あらすじ

ニューヨークのお金持ちの子弟が集うタトル校。テレビの人気キャスターを父にもつハンサムなカイルは学校一の人気者。しかしそれを鼻にかけ、女子生徒にひどい仕打ちをしたために、魔女に野獣の姿に変えられてしまう-。現代にこんな魔法あり?!約束の期限までに真実の愛に出会い、口づけをかわさなければ一生この姿のまま。果たしてカイルの運命は?最高に甘くロマンチックな現代版美女と野獣、話題の映画原作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 真実の愛とはどういうものなのか?

    「愛してる」と言葉では、簡単に伝えられるけれど、行動で示すことは難しいと思う。

    めんどくさくなったり、適当になったり、ごまかしたり・・・。

    誰かのために、自分の時間を費やすことができる人は尊いし、そんな事を思える存在が、傍にいるということは素晴らしい。

    どんな苦労をしても、その人の笑顔を見れば、何もかも報われる。
    相手の魂が自分の一部分となり、離れていても、確かに絆はつながっている。

    本当の意味で、誰かを愛し、愛されるということは難しいこと。だからこそ、「愛」について学ぶことのできた人は、いつまでも幸せに暮らせるのではないかと思った小説でした。

  • 個人的にとても好きです:)
    カイルの心の成長の様子がわりと細かく書かれていると思います。
    でも最後のクライマックスで進みがいきなり加速(はしょり??)感があったのがすこしもの足りず、残念でした。
    え、リンディもっと驚いて状況把握にもう少し時間かけてもいいんじゃない..?? ってかんじです。
    映画より原作の本のほうがいい、というのはよくありますが、このクライマックスに関しては映画のほうがしっくりきました。
    多少は訳の問題なんですかね…
    でもカイルはかっこいいです笑

  • 2012年3月23日読了。

  • 現代版美女と野獣そのまま。


    ライトな書き口が読みやすく、しかも明快なラブストーリーで楽しめた。


    小説は心の機敏まで描かれていて好感触。映画が観たくなった。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする