数学物語 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.32
  • (15)
  • (40)
  • (59)
  • (15)
  • (6)
本棚登録 : 526
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043118021

作品紹介・あらすじ

動物には数がわかるのだろうか。また、私たち人類の祖先はどのように数を数え、その時、手足の指はどんな役割を果たしたのだろうか-。エジプト、バビロニアにおける数字の誕生から、「数学の神様」といわれたアルキメデス、三角形の内角の和が180度であることを独力で発見したパスカル、子供の頃は「落第ぼうず」と呼ばれたニュートンの功績など、数学の発展の様子をやさしく解説。数学の楽しさを伝え続けるロングセラー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今まで出会った数学系の本(うんちく、教養、公式、人物、小説、もろもろ)で堂々の第1位。これをレジの横で仕掛け販売してくれた、有隣堂武蔵小杉店に頭が下がります。

    特に数字の話。0の概念について、今まで散々読んできたけど、これを読んで一番しっくり腑に落ちて理解。間違いなく名著です

  • <シラバス掲載参考図書一覧は、図書館HPから確認できます>
    https://www.iwate-pu.ac.jp/information/mediacenter/Curriculum.html

    <配架場所、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/458747

  • YK4a

  • 学生時代は苦手だった数学。でも算数・数学の知恵(概念?知識?)ってなにげなく生活のいろんなところで役立っているなと改めて思う。数学の勉強は必要だな。
    数学って概念だなと思う。おもしろいなあ。
    いま、私たちからしたら当たり前のことのように思えることも、それが当たり前じゃないときがあって、偉人たちの努力と才能とのおかげで発見されてきたことなんだなあと感じられる。
    具体的な図や例がたくさん載っているし、文体もめちゃくちゃやさしくてわかりやすくて、数学がすきになれる。すごくいい本でした。また読むかも。

  • 0032 2018/05/17読了
    10年以上積読になってたのをやっと読んだ。もっと早くに読んでおけば、数学をもう少し好きになっていたかもしれない。
    数学は嫌いだけど、数学の誕生から学者たちの発見を説明していて、経緯が分かると面白い。
    ニュートンの猫のエピソード好き。
    時々出てくる問題、解きたくなった。(答えも付いてるし)

  • サイエンス
    数学

  • 著者の矢野健太郎さんは、昭和を代表する数学者。プリンストン高等研究所に留学し、アインシュタインなどの当時世界最高峰の頭脳との交流があったことでも知られる。 本書は、このような著者の数学エッセイ集。初等代数、幾何などの古典数学や、デカルト、パスカル、ニュートンなどのエピソードを彼独特のユニークな観点で捉える。 考古学の新発見で当時の通説が覆ったため、誤った記述のあるが、全体としては非常に良い数学の導き書といえる。特に、中学生、高校生に数学の面白さを教えるには持ってこいだと思う。そのうち、愚息に読ませたい。

  • 難しい数式が出てこない数学史。ニュートンさんの萌え話はどうやって伝わったのでしょう。

  • 1961年刊行。中学生・高校生向けの数学、数学者、数学史読本。

  • エジプト、バビロニア、古代ギリシャの数学や、様々な記数法のはこまり、パスカルやデカルト、ニュートンの業績などを解説した本。
    ピタゴラスの定理や、アルキメデスの円の表面積の公式などがどのように導かれたか、説明してある。
    数学が苦手だった私には時間がかかったが、丁寧に説明されているので、なんとか読み終えられた。
    ただ、章の末尾の方で扱われる内容の説明が、突然駆け足になる傾向がある。
    ピタゴラスの定理についてはあんなに丁寧なのに、多角形で空間を埋める話になると、割とあっさり。
    ユークリッドの円の内接、外接の話や相似の話は、無理に押し込まれていて、なにか理解した感覚がない。

    最後のオイラーの一筆書き問題は面白かった。
    他の数学者については伝記的な情報もあるのに、オイラーについては何もないのは...なぜ?

全56件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

矢野健太郎

一九一二年、東京生まれ。東京帝国大学理学部数学科卒業。パリ大学留学ののち、東京大学助教授、プリンストン高等研究所所員、東京工業大学教授などを歴任。微分幾何学の権威として各国の数学者と交友を結び、日本数学界の国際化を牽引。また啓蒙書や受験参考書の著者として、「ヤノケン」の名で親しまれた。著書に『すばらしい数学者たち』『アインシュタイン伝』『エレガントな解答』『数学物語』『数学の考え方』など。八三年に勲二等瑞宝章を受章。九三年、逝去。

「2020年 『暮しの数学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢野健太郎の作品

数学物語 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする