モーターサイクル・ダイアリーズ (角川文庫)

制作 : 棚橋 加奈江  角川書店装丁室 
  • KADOKAWA
3.46
  • (42)
  • (60)
  • (135)
  • (18)
  • (4)
本棚登録 : 654
レビュー : 83
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043170029

作品紹介・あらすじ

二十三歳の医学生エルネストは、親友アルベルトと共に中古のバイクに乗って南米大陸縦断の旅に出る。金も泊まるあてもなく、喘ぐバイクでアンデスを超え、船倉に隠れて密航し、いかだでアマゾン川を下る。様々な出会いと別れ、そして初めて目にする過酷な現実。この旅の記憶が、エルネストの運命を変えた-。青年ゲバラが綴った真実の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若き医学生の頃のゲバラの南ア大陸横断放浪日記。友人と二人、ボロバイクにまたがって出かけた自分探し。どこにでもいる普通の学生だった彼を革命家に変える芽を吹かせた旅だった。南アの過酷な現実にあっても、無銭の彼らに暖かく接した人々が、ゲバラの心の中にいろいろな思いを抱かせたのだと思う。ゲバラと友人のアルベルトの無鉄砲さが可笑しくなんとも魅力的。日本の若い人に読んで欲しい。不況だ就職難だと真面目もいいけど、時には旅に出ようよ!続編の2度目の旅行記から続いてゲバラの足跡を追っていきたい。本書原作の映画も良かった。

  • 医学生のエルネストと生化学者のアルベルトはハンセン病の研究仲間だった。1951年、わずかな荷物と中古のバイクで二人は南米横断の旅へ。艱難辛苦の道中でたどり着いたハンセン病療養所で、過酷な状況におかれた患者たちと心を分かち合う…。「いつか何かのきっかけで僕らがハンセン病に取り組むようなことになるとしたら、その何かとは、どこへいっても患者が示すあのやさしさであるに違いない」。後にキューバ革命の中心的存在となるチェ・ゲバラが青年時代に綴ったみずみずしい記録。

  • かの有名な革命家エルネスト・"チェ"・ゲバラがまだ医学生だった頃の南米旅行記。
    若々しい好奇心や感受性、若者特有の行動力で、楽しいことや辛いこと、色々なことを体験し、様々な人たちと出会い、感じたことを率直に、ときにユーモアを交えて綴っている。
    この本を読んでいると、例えば貧しい農民や労働者、共産主義者、病人など社会的に虐げられている者たちとの出会い、南米の実情を肌で感じたことなど、何が彼を突き動かし、彼にあの壮大な事業を成し遂げさせるに至ったかについての片鱗を見つけることができるかもしれない。しかし、この本においてそれと同等、もしくはそれ以上に価値を持っているのはやはり、この本が、彼が一人の若者としてその好奇心と感受性で感じたことを素直に記した青春の記録だということなのではないかと思う。
    いまやイコンと化したチェ・ゲバラの人間的な部分を垣間見ることができて、新鮮な感じがした。また、偉大な革命指導者として歴史に名を残すことになった男が、自分と同じような年でこんな大冒険をして、こんなことを体験して、こんなことを感じてたんだということには、とても刺激を受ける。この本に出会えて良かったと思った。

  • 読みにくい。読みにくいが、これは訳のせいかもしれないし、そうではなく日記が原書となっているからかもしれない。
    しかし読み進んでいくとそれはもはやどうでもよくなる。抑圧された人々を見、ゲバラは自身の中に信念を打ち立てていった。附記では珍しく内面を曝露していて、その激しさに思わず身震いをした。詳しくは書いていないが、先進的な思想を持つ、道中を共にしたアルベルトの影響もまた受けたのだろう。

  •  同名の映画の原作でもあり、映画からこの作品を知った人も少なくないかもしれません。著者はキューバ革命におけるゲリラ指導者としてあまりにも有名なチェ・ゲバラ。題名の通り、医大生だった若きエルネストが友人アルベルトとともに愛車「ポデローサ2号」にまたがって、ラテンアメリカを旅したときの記録です。

     1952年1月にアルゼンチンのブエノス・アイレスを出発した二人は、およそ7カ月間をかけて南米大陸の西海岸沿いをベネズエラのカラカスまで北上します。お金もなく、バイクはポンコツ。しばしば持病の喘息にも苦しめられながらの長旅。これはフィクションではなく「ダイアリー」。淡々と書き連ねてはありますが、1950年代のラテンアメリカの空気感と、そこを走破する迫力がひしひしと伝わってきます。

     ゲバラ自身が序文に記しているように、この「果てしなく広いアメリカ(南米大陸)」をさまよう旅は、想像以上に彼自身を変えてしまいました。旅をするということが、人にとってどれだけ大きな糧になり得るのか、改めて考えさせられもする一冊です。

  • 読み返すの何度目だかわからない。

  • かの有名なチェ・ゲバラの旅行記。医学部に所属しながらも友達の医師と半年以上の旅に出る。
    途中でバイクが壊れ、そこからヒッチハイクをしながら旅を続け、目的地であるカラカスのハンセン病施設に到着するまでの日々を綴る。
    とりあえず翻訳がひどい。スペイン語をそのまま日本語にしているだけで、主語が何を指しているのかわからない文章がかなり出てくる。また、外国文学に多くある回りくどい比喩の扱いも下手。
    これほ日記なので文学としての期待はしていなかったが、その後革命へと身を投じるきっかけとなるような出来事などが起こるのかと思っていたが最期まで日記だった。

  • チェ 友達を呼ぶとき ドクトリン 叙述する。カウディージョクスコ インカ帝国の都 だいたい次のようなことをいった。

    ゲバラは喘息患者をみて、自身とその他を違いと共通点を見出した。
    →比較。ビジネスにも使える。

    ハンセン病 イルダガアラ しても 隅で のでは だ

    →軍医であったが人望もあったため、軍をまかされた。1959年、バティスタ政権を倒してキューバ革命を成功させた。その後キューバはソ連と接近したが、ゲバラはソ連を帝国主義として批判、孤立。その後、南米にわたり南米のボリビアで革命を試みるが失敗、1967年に10月9日に銃殺。

    →キューバ革命 アメリカの影響が強かったバティスタ政権を打倒した武装解放闘争のこと。カストロが何と戦ったのか。国民を救うためだが、何から?政権から?
    政権はやりすぎただけ?どうすればよかった?結局カストロの共産主義もうまくいかなかった。

    資本主義は自分で資本を持ち、それを自由に活用できる。
    社会主義は会社、経済を政府で管理する。
    共産主義
    その工事。

  • 肝心のモーターサイクルが序盤で使い物にならなくなったのはさておき。

    お気楽旅だったのが、中盤以降は社会問題に注目する姿勢が強くなっていくのがよく伝わってくる。そのせいか、文体や内容が心なしか堅さを帯びる時もある。ユーモアは、批判的精神がピリッと効いていることが多いのはともかく、あまりに遠回しに感じる物言いが使われたりするのは南米では普通なのだろうか?

    『深夜特急』のような作品と違い、より記録文学としての、均されていないゴツゴツした雰囲気がある。

    巻末の演説記録は、その後の著者を示す参考資料に過ぎず、この本の本編そのものがもつ価値に資するところは何もないと、私には思える。

  • 新書文庫

全83件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1928アルゼンチンに生まれる
1956旅先のメキシコで、亡命中のフィデル・カストロと出会う
誘われて、キューバ解放の武力闘争に参加
1959キューバ革命勝利。キューバの市民権を授与される国立銀行総裁な
ど、経済関係の重要閣僚に就任
他方、経済使節団団長として各国歴訪
また、ゲリラ戦争論を含めた解放闘争論、社会主義経済建設論、
「新しい人間」論など広い分野で積極的に発言を行なう
1965友邦=ソ連を批判して後、キューバを出国
1966コンゴでの国際主義的活動に従事
1967ボリビアでのゲリラ闘争中に捕われて、銃殺される

「2010年 『マルクス=エンゲルス素描』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エルネスト・チェ・ゲバラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

モーターサイクル・ダイアリーズ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする