わが闘争(下)―国家社会主義運動(角川文庫)

制作 : 平野 一郎  将積 茂 
  • 角川書店
3.32
  • (12)
  • (31)
  • (87)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 654
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043224029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上巻は嫌悪感なく読める部分もあったが、下巻は読むところが あまりない

    民族主義的国家観
    *国家は 目的のための手段
    *国家の目的は 人種の維持
    *指導者の権威は下へ、責任は上へ
    *民族を存続させるために 歴史を学ぶ

    世論
    *世論の命令者になれ。大衆のしもべになるな
    *偉大な成果とは 世論と対立し、理解されないもの

    権威の3原理
    *人気*強制力*伝統(ある期間継続)

    宣伝と組織
    *宣伝の目的は支持者を増やす。支持者=同意者
    *組織の目的は党員を増やす。党員=一緒に闘う
    *宣伝がうまくいくほど組織は小さくていい

  • 本訳本1973年刊(底本1936年版)。全2/2。

     上巻同様、ロジックの要諦たるファクト、エビデンス、データが欠如し、全く面白くないが、上の政治宣伝、下の演説の項は、反面教師として理解すべきか。

     一方、経験に依拠する第一次大戦体験談は割と面白い。また、大衆を操作対象としてしか見ていないかのごとき書き振りは後々の状況を雄弁に語る。
     また、特に政治家の発言、政治的プロパガンダにおいて一方のみを善・良とする二項対立の言はかなり危険な兆候のよう。

    PS.対英には独仏共同が不可欠だが、ヒトラーは仏への軍事征服のみを想定?。これが彼の底の浅さか…。
    PS.戦前ドイツ的国家社会主義政策の内容を知る上では、下巻を再読してもよいかも。

  • 歴史教育について、ヒトラーの「歴史の中に将来のため、指針をうるために歴史を学ぶ」という記述には激しく同意するが、それがなぜ民族の存続のためという目的になってしまうのか。目的が間違うと正しい学びもいい結果をうまない。
    ものすごく全体を冷静の捉えてるところと、偏見に満ちて自分の小さな考えに凝り固まっている部分が共存している不思議な人。しかし、本はとても退屈な代物だった。演説の天才も執筆の才能はなかったか。

  • 読了

  • 2015/08/20【古】108円

  • 前半は組織論的な内容で読みやすかったが、後半が上巻同様読み難い。

  • セカンドブックアーチ寄付

  • 行っていることは民族をちょっと入れ替えればいつでもどこでも言われている自民族優秀、他民族劣等論理で特別な内容じゃない。
    また、100%悪な人間はおらずいつも一人一人の正義の争いで負けた者が悪になるんだろうから(受け売りでちゃんと調べてないが、聖書の中で神と悪魔で人を殺した数を集計すると神の方が人を圧倒的に多くの人を殺しているらしい…)ヒトラーのやった中にも経済政策などの良い面があれば評価し見習わなければ折角の人間の歴史の教科書になる部分を捨ててしまうことになるだろう。確かにヒトラーのみに責任を押し付けてお終いにすれば楽だろうが。
    そして、気づかずに操られるのが宣伝の効果なのだから自分は操られていないと思っているのは既に術中に陥っていると思う位の方が良い様に思う。
    これを読んで思ったのはヒトラーは取り立てて狂気の人では無く、一応今日でも読むことができる内容のそれなりの長さの書籍を書く能力があった事は間違い無いということだ。

  • 我が闘争。このころのゲルマン民族東欧生活圏拡大思想が後世半ば現実したかと思うとぞっとする。
    しかし、大衆の心を掴む演説方法。国家教育のあり方に対する意見は参考になった。

  • (1992.08.08読了)(1973.10.27購入)
    国家社会主義運動
    内容紹介 amazon
    独裁者が語る恐るべき政治哲学・技術は、現代政治の虚構を見抜く多くの有力な手掛りを示唆する。狂気の天才が、世界制覇の戦略と思想とを自ら語った世界史上稀有の政治的遺書である。

    ☆関連図書(既読)
    「ヒトラーの抬頭」山口定著、朝日文庫、1991.07.01
    「わが闘争(上)」ヒトラー著・平野一郎訳、角川文庫、1973.10.20

全27件中 1 - 10件を表示

わが闘争(下)―国家社会主義運動(角川文庫)のその他の作品

わが闘争(下) (角川文庫) Kindle版 わが闘争(下) (角川文庫) アドルフ・ヒトラー

アドルフ・ヒトラーの作品

わが闘争(下)―国家社会主義運動(角川文庫)に関連する談話室の質問

わが闘争(下)―国家社会主義運動(角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする