世界史こぼれ話 1 (角川文庫)

著者 : 三浦一郎
  • KADOKAWA (1973年発売)
3.88
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043225019

世界史こぼれ話 1 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやー、笑えた。
    やっぱり哲学者は面白いなぁ。笑えたりちょっと驚いたりできる歴史上の人物のエピソードがたくさん詰まってました。

    それにしてもこのイメージ写真味がある・・。

  • 今までも、多分これからも、私の人生にもっとも多くのスパイスとエッセンスを与えてくれた本。
    結局、偉大な先人たちのリアルな言動に勝るウィットはありえないのかもしれないと感じます。

  • フランスでは古びた褐色をイザベル色という。昔スペインの女王イザベルは夫と共にオスタンドの町を包囲したが、町がなかなか陥ちぬので、陥ちるまでは下着を着替えないと誓いを立てた。町は3年かかって陥ちたが、女王の潔白の下着が褐色になっていた。これがイザベル色の起源である。

全3件中 1 - 3件を表示

三浦一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

世界史こぼれ話 1 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする