BRAIN VALLEY〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.45
  • (24)
  • (31)
  • (77)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 333
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043405022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2作目もオカルト色が濃い

     パラサイト・イブに続く瀬名氏渾身の作品。

     ハードSFっぽい専門用語の嵐に加えて人物もよく描かれている。しかし、前作同様にどうしても乗り切れない仮説が邪魔して感情移入できないのが難点。

     なぜ写真が2種類あるかというと最初文庫版で読み始め、下巻にさしかかった瞬間に下巻を紛失したためハードカバー上下巻セットをあわてて購入したということ。

     金かけた割にはイマイチだったなぁ。

  • 瀬名秀明っつったら中学生くらいの頃にパラサイト・イヴを読んだ以来だろうか。<BR>
    とにかく専門用語だらけで読み飛ばしまくりでした。(一体なんのために買ったのか…)<BR>
    森センセみたくエッセンス程度にそういったことを振りかけられればこの人すげえなって素直に尊敬できるのにここまでやられるとちょっとひきます。<BR>
    いやでも色々差し引いて面白いです。下巻へゴーゴー。

著者プロフィール

■瀬名 秀明(セナ ヒデアキ)
1968年静岡県生まれ。仙台市在住。東北大学大学院薬学研究科(博士課程)修了。薬学博士。
1995年に『パラサイト・イヴ』で第2回日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。
1998年には『BRAIN VALLEY』で第19回日本SF大賞を受賞。
SF、ホラー、ミステリーなどさまざまなジャンルの小説作品に加え、科学・ノンフィクション・文芸評論など多岐にわたる執筆活動を行っている。
2011年に藤子・F・不二雄作品のノベライズとなる『小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団』を手がけ、大きな反響を集めた。
ほかの著書に『大空のドロテ』(双葉社刊)、『月と太陽』(講談社刊)、『夜の虹彩』(出版芸術社刊)、『新生』(河出書房新社刊)、『この青い空で君をつつもう』(双葉社刊)などが、また近著に『魔法を召し上がれ』(講談社刊)がある。

「2019年 『小説 ブラック・ジャック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

BRAIN VALLEY〈上〉 (角川文庫)のその他の作品

瀬名秀明の作品

ツイートする